スポンサーリンク

野村宏伸の「キャバレー」ネタバレあらすじ感想

スポンサーリンク
おすすめ映画
スポンサーリンク

映画キャバレーの概要

栗本薫原作「キャバレー」を1985年映画化したものです。監督は、角川春樹 、主演が野村宏伸です。野村宏伸は薬師丸ひろ子のメインテーマのオーディションで薬師丸ひろ子の相手役として選ばれて、知名度が上がり、主役として起用されました。このデビュー作の映画「メインテーマ」で日本アカデミー賞新人賞を受賞するという快挙を成し遂げ、大注目の新人俳優でした。

出典:yahoo shopping

ストーリー

矢代俊一(野村宏伸)は、大学の有名なジャズサークルに所属し、その実力から重要なポジションを任されていました。しかし、その場での演奏に全く納得行かず、本物のジャズを求めるために大学生活と訣別し、港町の場末のキャバレー、スターダスト」でサックスを吹いていました。

出典 s.webry.info

最初は裕福な過程に育った俊一にとってこの場末のキャバレーの雰囲気はある種異様であり、興味をひくものでした。彼は時々、コンボを組んでいる三流プロの中村(ドラムス)、金(ピアノ)、浅井(ベース)がついて来れないほど燃焼することもありました。片隅の指定席で、俊一にいつも「レフト・アローン」をリクエストする男がいました。菊川組の滝川(鹿賀丈史)。音楽には素人ですが、俊一が奏でる音に興味があり、ジャズの奏者のことで言い争いになってから、俊一の一途な思いに一目を置く、そんな場面もありました。 

出典 s.webry.info

ある深夜の棧橋で、俊一は滝川を消そうとしている二人組の話を盗み聞いてしまいます。俊一は滝川にこの事実を伝えたところ、翌朝、二人組の死体が発見されます。ここから俊一は、ヤクザの抗争と色恋沙汰に巻き込まれていきます。俊一が初めて肌を合せた女となり、恋い慕うホステスの英子(三原じゅん子)、滝川の前の女である南部恵(倍賞千恵子)は俊一の尊敬するアルトサックスの天才南部明の妹。

俊一をめぐる女達との葛藤も見応えがあります。三原じゅん子の体当たりの演技も当時話題になりました。

映画観るなら<U-NEXT>

出典 s.webry.info

角川映画の出演者

角川事務所が10周年を迎えたところで制作された映画でもあり、かつて角川映画に出演していた多くの俳優や女優が出演しています。

原田知世は、俊一の学生時代の友達の千枝古役で出演しています。俊一と同じジャズプレーヤーだった田能倉にプロポースされます。田之倉を演じているのが、真田広之です。

出典 blog.goo.ne.jp

渡辺典子はキャバレーでシンガーをしていました。役名はみどりです。

出演:Goo Blog

その他、薬師丸ひろ子、古尾谷雅人、原田貴和子、志穂美悦子、高柳良一、千葉真一などなど・・

最後にこの映画の印象つけるジャズナンバーをどうぞ! ”レフト・アローン“

出典:Youtube

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました