角川三人娘

おすすめドラマ

NHK_リバイバルドラマ「Wの悲劇」地上波放送

2019年11月23日にNHKBSプレミアムで放映された「Wの悲劇」が本日2020年2月24日NHK総合で22時より放映されます。清純派女優土屋太鳳が主人公、昭和のトップアイドル中山美穂が共演してとても話題となりました。
おすすめドラマミステリー

ミステリー小説作家「赤川次郎」について

サラリーマン生活をつづけながらシナリオを投稿するようになり、天地茂主演のテレビ朝日系テレビドラマ「非常のライセンス」のシナリオ募集に応募すると、その作品がなんと入選、さらに手直しすることなく放送されたため、脚本家「赤川次郎」の名前がテロップに流れるのです。
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「紳士同盟」ネタバレあらすじ感想

女子大生の樹里野悦子(薬師丸)ひろ子)はバイトを掛け持ちして学費を稼ぎ、とっても真面目に生活を送っていました そんな悦子は大学の友達と行く予定の海外ツアーを計画しました。自分で旅行会社を予約し、スケジュールも決めてお金も払い込み意気揚々と出発ロビーで、旅行会社の社員近藤(三宅裕司)を待っていましたが、いつまでたっても現れません
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「野蛮人のように」ネタバレあらすじ感想

この作品は、薬師丸ひろ子が角川映画から独立して主演した初の映画でもあり新しい事務所での第一歩でしたが、配給収入は14億5000万円を記録し、1986年の邦画興行第2位にランクインするという薬師丸ひろ子の人気ぶりが伺えます。物凄い葛藤とプレッシャーを乗り越えて作り上げた作品でした。
おすすめ映画

野村宏伸の「キャバレー」ネタバレあらすじ感想

矢代俊一(野村宏伸)は、大学の有名なジャズサークルに所属し、その実力から重要なポジションを任されていました。しかし、その場での演奏に全く納得行かず、本物のジャズを求めるために大学生活と訣別し、港町の場末のキャバレー、スターダスト」でサックスを吹いていました。
おすすめ映画

原田知世の「早春物語」ネタバレあらすじ感想

沖野瞳(原田知世)は北鎌倉高校に通う17歳高校2年生です。部活は、写真部で休みのときは写真撮影に出かける日常です。。同級生の麻子(仙道敦子)とは背伸びをして大人の女のような会話をしている、どこにでもいる女子高生です。母は、4年前に他界して父親と二人で暮らしています。
おすすめ映画

原田知世の「愛情物語」ネタバレあらすじ感想

赤川次郎の作品を角川春樹がミージカル調にして映像化したものです。角川事務所の秘蔵っ子である原田知世を主演に起用しみずから監督に名乗り出たとのことです。 仲道美帆は16歳の誕生日に、母治子(倍賞美津子)とともにミュージカル「カーテンコール」を見ていました。感激した美帆はそれまで習っていたクラッシクバレーをやめてミュージカルの世界に進むことを決意します。
おすすめ映画

渡辺典子の「結婚案内ミステリー風」ネタバレあらすじ感想

寺沢紘子(渡辺典子)は、深田ブライダルコンサルタントという小さな結婚相談所でアルバイトをしている19歳です。社長の船山哲也(渡辺謙)と二人でほそぼそと経営している結婚相談所なのですが、ある日、大会社の関根コンツェルンの女実業家・関根恭子(長山藍子)から相談の連絡があったのです。
おすすめ映画

原田知世の「天国に一番近い島」ネタバレあらすじ感想

女子高生「桂木万理」無口でおとなしい性格の女の子、急死した父が時折話してくれる、ニューカレドニアのことを思いだしていました。万理は葬儀を終わらせたあと、ニューカレドニアに行きたいと母光子(松尾嘉代)に相談するようにになります。光子は驚くも娘の確かな成長をうれしく思い、渡航を認めたのでした。
おすすめ映画

渡辺典子の「いつか誰かが殺される」ネタバレあらすじ感想

永山志津は、70歳の誕生日を迎えます。大財閥永山家は毎年家長の志津を祝う催しを行う慣例がありました。 子と孫のかしら文字で作った架空の人物の名前を作り上げ、1千万円をみせつけます。そしてこの架空の人物が見つかるほうにこの1千万円をかけるというのです。その名前こそが、この映画の主人公、モリヤアツコなのです。
タイトルとURLをコピーしました