スポンサーリンク

原田知世の「早春物語」ネタバレあらすじ感想

スポンサーリンク
おすすめ映画
スポンサーリンク

原田知世の愛情物語

原作は赤川次郎の同名小説「早春物語」1985年の作品です。赤川次郎はこの作品を原田知世の新しい映画のために書き上げたということでした。しかし角川春樹はじめ映画製作スタッフ側の意向にあわず、ミステリー色がなくなってしまい、大人の恋愛ドラマとなってしまいました。そこには、角川春樹の思いがあったようで、原田知世をアイドル路線から脱皮して大人の女優として映画を制作しようとしていました。

大人の女優以上に中年の男をたぶらかす悪女の役どころであると角川春樹から宣言された原田知世は、「お父さんみたいな大人の人をたぶらかすなんて主人公の気がしれない」と言ったそうです。しかし17歳にして主演映画やドラマCMをこなしてきた原田知世だけあって、その期待に答えて見事に大人の女性を演じてみせました。個人的にはこの作品に描かれた主人公は、単なる悪女ではなく、背伸びした恋愛となき母へ愛と嫉妬を抱いている17歳の少女だと思います。そんな難しい役柄を見事に演じきった原田知世の女優魂を感じさせる素晴らしい作品でした。

出典:Blog

ストーリー

沖野瞳(原田知世)は北鎌倉高校に通う17歳高校2年生です。部活は、写真部で休みのときは写真撮影に出かける日常です。。同級生の麻子(仙道敦子)とは背伸びをして大人の女のような会話をしている、どこにでもいる女子高生です。母は、4年前に他界して父親と二人で暮らしています。

春休みとなったある日、瞳は写真撮影のため、鎌倉市内を散策して回っています。その時偶然に梶川(林隆三)という中年男に出会います。二人は見た目かなりの年の差でしたが意気投合して、蕎麦を食べながら楽しい時間を過ごすのです。瞳は自分のことを童顔だから若く見えるけど二十歳であると嘘をついてしまいます。一方梶川は40を越しているサラリーマンで鉄を扱う小さな会社に勤めているといってお互いを紹介しあったのでした。

出典:ミドルエッジ

その後梶川と瞳は幾度かデートらしいことを重ね、お互いの距離を縮めていくのです。しかし母の命日に、母のアルバムをみていた彼女は、あろうことか、若かりしころの梶川の姿をみつけてしまうのです。そこから瞳の葛藤に日々が続いていきます。母を捨ててしまった男に対する許せない思いと、母と同じ男を愛してしまった自分へのやるせない思いで、自暴自棄になっていく瞳、その愛と葛藤の行方が気になるストーリーです。

梶川とのホテルでの大人の愛の駆け引きはとても17歳とは思えない、きわどいないようで、ドキドキ感がとまりませんでした!
映画観るなら<U-NEXT>

配役

おもな配役は以下の通り

梶川真二 ( 林隆三)42歳で未婚の独身男性で瞳の恋の相手です。

出典:Blog

沖野修三( 田中邦衛)瞳の父。父子家庭で瞳と2人暮らし。妻に先立たれ現在は独身で、再婚を前提に敬子と交際していました。

大宅敬子(由紀さおり)修三の恋人で瞳にとって継母となる予定でした。

 

牧麻子 ( 仙道敦子) 瞳の親友。17歳。

出典:アメーバブログ

主題歌

主題歌は原田知世がうたう『早春物語』です。さらに同時期にオンエアされ、原田知世がCMキャラクターを務めた森永製菓「ハイクラウンチョコレート」CMソングでした。

「逢いたくて逢いたくてあなたに~」切ない思いを歌い上げた心に響く名曲です。原田知世は、この曲で『第36回NHK紅白歌合戦』に初出場となりました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました