映画おすすめ

おすすめ映画

南野陽子主演_映画「寒椿」ネタバレあらすじ感想

時代は昭和の初め、土佐の遊郭で芸妓紹介を営む富田岩伍(西田敏行)は、その商売ゆえに子供と家を飛び出し、実家に帰った妻に会い、息子を迎えにきていました。嫌がる息子を庇ったバスの車掌が貞子(南野陽子)であり、のちの牡丹です
おすすめ映画

南野陽子主演_映画「はいからさんが通る」ネタバレあらすじ感想

大正7年(1918年)第一次世界大戦が末期に迫っていた頃のお話です。大正時代は、まだ貴族制度や江戸時代の旧家などで、家系が重要とされていた時代です。 主人公の花村紅緒(はなむらべにお)ー南野陽子も旧旗本の家系で父は陸軍の少佐です。母親が早くに亡くなり父が男手一つで育ててきました。天真爛漫、お転婆、跳ねっ返りと活発を絵に描いたような性格の娘でトラブルメーカーと周囲からが言われていたのです。
おすすめ映画

映画_中山美穂の「どっちにするの」ネタバレあらすじ感想

伸子(中山美穂)はアメリカに本社のあるおもちゃ会社のOLです。後輩の純子(伊藤智恵理)や同僚の丈彦(風間トオル)と平凡な毎日を送っていました。ところが、ある時勤める会社が倒産するという噂が社内に広まります。実際社内の全体会議でも人事を一新して新しい指導者をいうことで社内コンピュータにて社長選びを実施した結果、純子が社長、伸子が副社長、そして万年係長である北林(小林克也)が専務に選ばれてしまいました。
おすすめドラマミステリー

ミステリー小説作家「赤川次郎」について

サラリーマン生活をつづけながらシナリオを投稿するようになり、天地茂主演のテレビ朝日系テレビドラマ「非常のライセンス」のシナリオ募集に応募すると、その作品がなんと入選、さらに手直しすることなく放送されたため、脚本家「赤川次郎」の名前がテロップに流れるのです。
おすすめ映画

「真田幸村の謀略」のネタバレあらすじ感想

天下分け目の関ヶ原の戦いで、東軍徳川方が勝利を治めたときから、10年目の西暦1610年(慶長15年)唯一の敵とされている大阪城の豊臣秀頼一派を殲滅するために、名古屋城をつくり準備を進めていました。そんな中真田昌幸(片岡千恵蔵)と幸村(松方弘樹)は、紀州の山中で少ない家臣とともに、最後の戦いの決意をかためていました。
おすすめ映画

「赤穂城断絶」ネタバレあらすじ感想

元禄14年3月14日 (旧暦) (1701年4月21日)、浅野内匠頭長矩が、江戸城松之大廊下で、吉良上野介義央に斬りかかった事に端を発した事件が俗に言う赤穂事件と言われるものです。この事件をきっかけとして、内匠頭は切腹を命じられるのです。
おすすめ映画

「柳生一族の陰謀」ネタバレあらすじ感想

1603年徳川家康が江戸に幕府を開いた12年後の1615年(元和9年)徳川二代将軍秀忠が江戸城大奥にて急病します。発病後2時間あまりであまりにも早く亡くなってしまったということで陰謀を疑う者たちもいましたが、大奥専属の医師は、中毒死と診断するのです。
おすすめ映画

金田一耕助シリーズ番外編「金田一耕助の冒険」ネタバレあらすじ感想

金田一耕助は事件に飢えていました。それもトリックを駆使して、事件の謎を深める複雑怪奇で、自分を悩ませる殺人事件を待ちわびていました。金田一は、そのような事件を指して「美しい事件」というのです。
おすすめ映画

金田一耕助の「病院坂の首縊りの家」のネタバレあらすじ感想

映画「病院坂の首縊(くく)りの家は、1979年5月26日に公開されました。監督市川崑、主演の金田一耕助は、石坂浩二、ヒロインに当時のトップアイドル桜田淳子を迎え制作されました。 この作品は、金田一耕助が手がける最後にして、最難関の事件としても知られています。
おすすめ映画

金田一耕助の「悪霊島」ネタバレあらすじ感想

この悪霊島は、原作が発表されてからすぐに映画化をされた珍しい作品です。それは、原作が発表されたその年がジョンレノン暗殺という不幸に見舞われたということを映画の中に残しておきたいという制作側の強い意図があったということです。
タイトルとURLをコピーしました