映画おすすめ

おすすめ映画

映画_金田一耕助の「獄門島」ネタバレあらすじ感想

金田一耕助は、終戦から1年経った昭和21年の9月下旬日、戦友の死を知らせるために、瀬戸内海に浮かぶ獄門島へと船で向かっていました。復員船の中でマラリアにかかって生き絶えた鬼頭千万太は、死ぬ間際、「俺が帰らなければ、3人の妹が殺されてしまう」と言ってた言葉が気がかりで急ぎ獄門島へ向かうのです。
おすすめ映画

金田一耕助の「本陣殺人事件」ネタバレあらすじ感想

岡谷県の本陣の末裔であった一柳家で長男の婚礼が行われていました。時は、昭和12年11月25日雪の降る夜のことでした。式と披露宴が、新郎賢蔵の妹鈴子が琴をかでる中無事に終わりました。深夜に賢蔵と新婦の小作農出身の久保克子が寝室である離れに移って休み始めたころ、その離れから悲鳴と琴をかき鳴らす音が聞こえてきて、克子の育ての親である叔父の久保銀蔵たちが、慌てて離れの雨戸をぶち破り、離れに入ると二人が血まみれで死んでいるのが発見されました
おすすめ映画

金田一耕助の「悪魔の手毬唄」ネタバレあらすじ感想

悪魔の手毬唄は、横溝正史作品、金田一耕助シリーズの一つです。タイトルについている、手毬唄はその歌詞に沿って殺人が起こっていくといういわゆる童謡殺人の作品です。手毬唄というと可愛いイメージですが、歌詞を見るとかなり辛辣で直接的な殺人を...
おすすめ映画

金田一耕助の「八つ墓村」ネタバレあらすじ感想

落武者たちを皆殺しにした首謀者とされる田治見庄左衛門の子孫の田治見要蔵は、田治見家の当主ですが残忍で暴力的な性格をもった男でした。妻子がいる身で郵便局員の井川鶴子に言い寄るのです。しかし彼女は、この誘いを断ったため、激怒した要蔵によって自宅の土蔵に監禁されてしまいます。要蔵によって陵辱され続けていた鶴子は辰弥という男児を出産するのです
おすすめ映画

小説家_推理作家横溝正史について

横溝 正史(よこみぞ せいし)(1902年(明治35年)5月24日 - 1981年(昭和56年)12月28日)は、日本を代表する推理作家です。 本名は漢字が同じで「よこみぞ まさし」でした。当初のペンネームは本名のままでしたが、(よこみぞせいし)と誤ってよんだ作家仲間にヨコセイとよばれている間に、セイシをペンネームとしたといういつわがあります。出身は兵庫県神戸市東川崎で現在の中央区、神戸ハーバーランドとなります。
おすすめ映画

浅野温子の「スローなブギにしてくれ」ネタバレあらすじ感想

この物語の主人公は、ゴロー(古尾谷雅人)とさち乃(浅野温子)。初めての出会いは夕暮れの第三京浜です。白いムスタングから、女の子が放り出されました。女の子はさち乃、仔猫を抱えての災難でした。後ろからバイクでやってきた少年がゴローです。その後二人は一緒に暮らし始めました。
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「紳士同盟」ネタバレあらすじ感想

女子大生の樹里野悦子(薬師丸)ひろ子)はバイトを掛け持ちして学費を稼ぎ、とっても真面目に生活を送っていました そんな悦子は大学の友達と行く予定の海外ツアーを計画しました。自分で旅行会社を予約し、スケジュールも決めてお金も払い込み意気揚々と出発ロビーで、旅行会社の社員近藤(三宅裕司)を待っていましたが、いつまでたっても現れません
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「野蛮人のように」ネタバレあらすじ感想

この作品は、薬師丸ひろ子が角川映画から独立して主演した初の映画でもあり新しい事務所での第一歩でしたが、配給収入は14億5000万円を記録し、1986年の邦画興行第2位にランクインするという薬師丸ひろ子の人気ぶりが伺えます。物凄い葛藤とプレッシャーを乗り越えて作り上げた作品でした。
おすすめ映画

野村宏伸の「キャバレー」ネタバレあらすじ感想

矢代俊一(野村宏伸)は、大学の有名なジャズサークルに所属し、その実力から重要なポジションを任されていました。しかし、その場での演奏に全く納得行かず、本物のジャズを求めるために大学生活と訣別し、港町の場末のキャバレー、スターダスト」でサックスを吹いていました。
おすすめ映画

志穂美悦子の「2代目はクリスチャン」ネタバレあらすじ感想

口コミでも志穂美悦子の圧倒的な演技を絶賛する声が多数聞かれるこの映画の山場。それまでのコメディーチックが雰囲気が一変、超シリアスなヤクザの出入りシーンが繰り広げられる後半部分が圧巻です。
タイトルとURLをコピーしました