映画おすすめ

おすすめ映画

原田知世の「早春物語」ネタバレあらすじ感想

沖野瞳(原田知世)は北鎌倉高校に通う17歳高校2年生です。部活は、写真部で休みのときは写真撮影に出かける日常です。。同級生の麻子(仙道敦子)とは背伸びをして大人の女のような会話をしている、どこにでもいる女子高生です。母は、4年前に他界して父親と二人で暮らしています。
おすすめ映画

原田知世の「愛情物語」ネタバレあらすじ感想

赤川次郎の作品を角川春樹がミージカル調にして映像化したものです。角川事務所の秘蔵っ子である原田知世を主演に起用しみずから監督に名乗り出たとのことです。 仲道美帆は16歳の誕生日に、母治子(倍賞美津子)とともにミュージカル「カーテンコール」を見ていました。感激した美帆はそれまで習っていたクラッシクバレーをやめてミュージカルの世界に進むことを決意します。
おすすめ映画

渡辺典子の「結婚案内ミステリー風」ネタバレあらすじ感想

寺沢紘子(渡辺典子)は、深田ブライダルコンサルタントという小さな結婚相談所でアルバイトをしている19歳です。社長の船山哲也(渡辺謙)と二人でほそぼそと経営している結婚相談所なのですが、ある日、大会社の関根コンツェルンの女実業家・関根恭子(長山藍子)から相談の連絡があったのです。
おすすめ映画

原田知世の「天国に一番近い島」ネタバレあらすじ感想

女子高生「桂木万理」無口でおとなしい性格の女の子、急死した父が時折話してくれる、ニューカレドニアのことを思いだしていました。万理は葬儀を終わらせたあと、ニューカレドニアに行きたいと母光子(松尾嘉代)に相談するようにになります。光子は驚くも娘の確かな成長をうれしく思い、渡航を認めたのでした。
おすすめ映画

渡辺典子の「いつか誰かが殺される」ネタバレあらすじ感想

永山志津は、70歳の誕生日を迎えます。大財閥永山家は毎年家長の志津を祝う催しを行う慣例がありました。 子と孫のかしら文字で作った架空の人物の名前を作り上げ、1千万円をみせつけます。そしてこの架空の人物が見つかるほうにこの1千万円をかけるというのです。その名前こそが、この映画の主人公、モリヤアツコなのです。
おすすめ映画

渡辺典子の「晴れときどき殺人」ネタバレあらすじ感想

北里産業の女社長、北里浪子(浅香光代)は、ひょんなことから若い女の他殺体を発見してしまいます。しかし彼女は、何者かに、アメリカに留学中の娘可奈子(渡辺典子)殺害の脅迫を受けており,仕方なく全く別人を犯人であると供述をしてしまいます。犯人に仕立て上げられた容疑者が焼身自殺をしてしまい、浪子は、激しく罪の意識に苛まれます。
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の 映画「メインテーマ」ネタバレあらすじ感想

小笠原しぶき(薬師丸ひろ子)元幼稚園の先生。あるきっかけで幼稚園園をやめることになりました。仕事を探している中たまたま訪れた房総の海岸で、一人の青年と知り合います。彼の名前は大東島健、マジシャンの卵全国を回ってマジックの修行をしていました。
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「探偵物語」ネタバレあらすじ感想

母をなくし、父親と二人となった女子大生の新井直美(薬師丸ひろ子)はお金持ちのお嬢様。父親は仕事の都合でアメリカで生活しており、家政婦の長谷沼君江(岸田今日子)とともに暮らしていました。そして一週間後に父のもとに行くために渡米の準備をしていました。
おすすめ映画

大林宣彦監督映画_尾道三部作「時をかける少女」ネタバレあらすじ感想

主人公は、原田知世演じる芳山和子、中学3年生です。ある時和子は同級生の深町一夫や朝倉吾郎とともに理科室の掃除を行っていました。実験室においてあったラベンダーの香りを偶然嗅んでしまい気を失ってしまいます。そ
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「里見八犬伝」ネタバレあらすじ感想

時は室町時代、南総(千葉県南部)の蟇田(ひきた)領主蟇田定包(ひきたさだかね)は悪妻の玉梓(たまずさ)とともに悪政をして領民を苦しめていました。そんな思いを組んだ武将里見義実(さとみよしざね)はなんとか彼らを打ち取ることができましたが、妖女玉梓は最期に里見家に対する呪いの言葉を遺して亡くなります。
タイトルとURLをコピーしました