スポンサーリンク

薬師丸ひろ子の「紳士同盟」ネタバレあらすじ感想

スポンサーリンク
おすすめ映画
スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

紳士同盟の概要

映画「紳士同盟」は、小林信彦が1980年に発表した同名小説『紳士同盟』を原作として映画化され1986年12月13日に公開されました。薬師丸ひろ子の独立第2作目となります。この映画では、今までのミステリーや暴力団やヤクザなどの色彩が抑えられ、ストーリーで見せるような映画の作りになっていたような気がしました。また脇役に今でも多くのテレビドラマなどで活躍する小林桂樹や内藤剛志、伊武雅人などが出演し、ストーリーに幅を持たせていました。同時上映は小泉今日子主演の『ボクの女に手を出すな』です。

出典:tweeter

ストーリー

女子大生の樹里野悦子(薬師丸)ひろ子)はバイトを掛け持ちして学費を稼ぎ、とっても真面目に生活を送っていました

そんな悦子は大学の友達と行く予定の海外ツアーを計画しました。自分で旅行会社を予約し、スケジュールも決めてお金も払い込み意気揚々と出発ロビーで、旅行会社の社員近藤(三宅裕司)を待っていましたが、いつまでたっても現れません。ようやく騙されたことに気づく悦子でしたが、あとの祭り。怒りに震える悦子は、パニックに落ち入り誤って空港にいた人の荷物に衝突してしまいます。

執事の大木(財津一郎)を伴って現れたその人が、田園調布に住む御曹司・春日民夫(時任三郎)です。春日民生は世間知らずのため服装も変わっているし、悦子に対する接し方もどこか変でトンチンカン。そんな民生に悦子はすっかり呆れてしまい、邪険に扱ってしまいます。ところが、民生は悦子をみて、一目惚れしてしまうのです。

その後、悦子は騙し取られたお金を友人たちに返すためにさらに多くのバイトをすることになっていまいました。

 そんな中、新聞社に就職できるといううまい話にのってしまい、人事部長への袖の下と称してお金を請求され、騙し取られてしまうのです。自暴自棄になり雨の中、跨線橋から飛び降り自殺をしようとしたところ、偶然春日民生に助けられます。

 支援の申し出と愛の告白を同時にやってしまった民生は、さらにきらわれてしまうのです。

詐欺師の村山(小林桂樹)は事前に悦子の身辺を調べていました。詐欺師に二度も騙されても、きれいな心のままの悦子にはある種の才能があるとみこんでいたのです。訳ありの事情を抱えた6名の集団が悦子を迎え入れました。一風変わった思想をもつ詐欺師集団の中で悦子も少しづつ感化され、騙された相手にも幸せになる芸術的な詐欺に加担することになりました。

出典:Blog

そのターゲットは、悦子に愛の告白をした御曹司春日民夫でした。果たして、芸術的な詐欺は成功するのでしょうか?そして民夫の一目惚れからの愛は成就するのでしょうか?

詐欺集団の中ではいろんな姿に変身

薬師丸ひろ子演じる悦子は、土地成金を父にもつ、ある意味お嬢様。

普段の洋服は普通の大学生ですが、OL風のユニフォームやウエディングドレス、真っ赤なイブニングドレスなど着て様々な場面に登場するのです。

何をきても絵になる姿はさすが女優だなと思います

映画観るなら<U-NEXT>
最後に紳士同盟の主題歌をどうぞ

出典:you tube

「女だてら紳士同盟、なんてね!」 歌詞もかわいいし、歌い方もかわいいですね。薬師丸ひろ子の歌声に惹かれる人も多いですね。自分もその一人です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました