薬師丸ひろ子

おすすめドラマ

NHK_リバイバルドラマ「Wの悲劇」地上波放送

2019年11月23日にNHKBSプレミアムで放映された「Wの悲劇」が本日2020年2月24日NHK総合で22時より放映されます。清純派女優土屋太鳳が主人公、昭和のトップアイドル中山美穂が共演してとても話題となりました。
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「紳士同盟」ネタバレあらすじ感想

女子大生の樹里野悦子(薬師丸)ひろ子)はバイトを掛け持ちして学費を稼ぎ、とっても真面目に生活を送っていました そんな悦子は大学の友達と行く予定の海外ツアーを計画しました。自分で旅行会社を予約し、スケジュールも決めてお金も払い込み意気揚々と出発ロビーで、旅行会社の社員近藤(三宅裕司)を待っていましたが、いつまでたっても現れません
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「野蛮人のように」ネタバレあらすじ感想

この作品は、薬師丸ひろ子が角川映画から独立して主演した初の映画でもあり新しい事務所での第一歩でしたが、配給収入は14億5000万円を記録し、1986年の邦画興行第2位にランクインするという薬師丸ひろ子の人気ぶりが伺えます。物凄い葛藤とプレッシャーを乗り越えて作り上げた作品でした。
おすすめ映画

野村宏伸の「キャバレー」ネタバレあらすじ感想

矢代俊一(野村宏伸)は、大学の有名なジャズサークルに所属し、その実力から重要なポジションを任されていました。しかし、その場での演奏に全く納得行かず、本物のジャズを求めるために大学生活と訣別し、港町の場末のキャバレー、スターダスト」でサックスを吹いていました。
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「Wの悲劇」ネタバレあらすじ感想

薬師丸ひろ子のWの悲劇、夏樹静子のWの悲劇を演じる劇団の中で起こった事件を描いた異色作です。三田佳子が大女優役として脇役として出演しています。仲谷昇,三田村邦彦などのベテラン俳優そして、世良公則、高木美保なども脇をかため、見応えのある映画です。
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の 映画「メインテーマ」ネタバレあらすじ感想

小笠原しぶき(薬師丸ひろ子)元幼稚園の先生。あるきっかけで幼稚園園をやめることになりました。仕事を探している中たまたま訪れた房総の海岸で、一人の青年と知り合います。彼の名前は大東島健、マジシャンの卵全国を回ってマジックの修行をしていました。
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「探偵物語」ネタバレあらすじ感想

原作は赤川次郎の同名の小説「探偵物語」、脚本は鎌田敏夫、監督は根岸吉太郎。主題歌は、薬師丸ひろ子が歌う「探偵物語」でした。(泣ける名曲です!) 主演を演じた薬師丸ひろ子は、「セーラー服と機関銃」が公開されると、大学受験のために...
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「里見八犬伝」ネタバレあらすじ感想

薬師丸ひろ子の「里見八犬伝」ネタバレあらすじ感想
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「ねらわれた学園」ネタバレあらすじ感想

三田村由香(薬師丸ひろ子)と関耕児(高柳良一)は高校の同級生。なんの変哲もなく高校生活を過ごしていたある日、生徒会の会長選挙が実施されることとなりました。
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「翔んだカップル」ネタバレあらすじ感想

高校1年生田代勇介(鶴見辰吾)は、高校入学のため上京し、外国にいる叔父の家に住むことになりました。一軒家なので男性の同居人を募集していたのですが、不動産屋に手違いで、同級生の女子が住むことになりました。それが、天真爛漫で少し気が強い山葉圭(薬師丸ひろ子)です。
タイトルとURLをコピーしました