スポンサーリンク

NHK_リバイバルドラマ「Wの悲劇」地上波放送

スポンサーリンク
おすすめドラマ
スポンサーリンク

2019年11月23日にNHKBSプレミアムで放映された「Wの悲劇」が本日2020年2月24日NHK総合で22時より放映されます。

Wの悲劇は、様々な監督によって映像化されています。原作の「Wの悲劇」は1982年2月に発売されます。その翌年映画化され、秋吉久美子、松本伊代などが出演しています。さらに1986年には高峰美恵子、松尾嘉代、川上麻衣子が出演して多くの話題を振りまいていました。

そんな中でも異彩を放つのが薬師丸ひろ子の「Wの悲劇」です。この映画は。角川作品で、夏樹静子原作の「Wの悲劇」を演目として公演することとなったある劇団が、主役の「和辻摩子」を巡って起こる事件を描いています。薬師丸ひろ子と高木美保がライバル関係という設定でどちらが、主演を射止めるかという局面で、揺れ動く少女の心を薬師丸ひろ子が好演しています。薬師丸ひろ子主演で、三田佳子は、大女優のオーラそのままに、映画の中でも大女優の役で出演しています。

詳細は、前の記事を参照してください。

 

令和に蘇ったWの悲劇

2019年11月23日にNHKBSプレミアム版も、夏樹静子の原作そのままをドラマ化しています。清純派女優土屋太鳳が主人公、昭和のトップアイドル中山美穂が共演してとても話題となりました。

和辻家は富豪一族です。毎年の行事である一族が集まる和辻家のお正月、その令嬢・摩子突然、血染めのナイフを手にしながら居間に現れます。白いドレスの胸を血で染めて、「私、おじい様を殺してしまった」と絶叫するというあまりも有名なセリフから物語が始まっていきます。全員が集まったところで、彼女の言葉とおり和辻家の当主・与兵衛が殺されていたのです。2転3転する証言によって真犯人がわからなくなってきます。果たして真実はどこに・・

キャストは以下の通り

令嬢和辻摩子(土屋太鳳)/大伯父の与兵衛(大和田伸也)/摩子の母・淑枝(中山美穂

摩子の父・道彦(岡本健一)/与兵衛の主治医・間崎(吉田栄作)/与兵衛の弟・繁(鶴見辰吾)

摩子の先輩・春生(美村里江

豪華な出演者でとても楽しみですね。地上波で見れるのがとても楽しみです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました