特集

昭和とすこしだけ平成のドラマ,映画を
まとめてます。
ちょっと覗きに来てください。

詳細はこちら

原田知世

おすすめ映画

野村宏伸の「キャバレー」ネタバレあらすじ感想

矢代俊一(野村宏伸)は、大学の有名なジャズサークルに所属し、その実力から重要なポジションを任されていました。しかし、その場での演奏に全く納得行かず、本物のジャズを求めるために大学生活と訣別し、港町の場末のキャバレー、スターダスト」でサックスを吹いていました。
おすすめ映画

原田知世の「早春物語」ネタバレあらすじ感想

沖野瞳(原田知世)は北鎌倉高校に通う17歳高校2年生です。部活は、写真部で休みのときは写真撮影に出かける日常です。。同級生の麻子(仙道敦子)とは背伸びをして大人の女のような会話をしている、どこにでもいる女子高生です。母は、4年前に他界して父親と二人で暮らしています。
おすすめ映画

原田知世の「愛情物語」ネタバレあらすじ感想

赤川次郎の作品を角川春樹がミージカル調にして映像化したものです。角川事務所の秘蔵っ子である原田知世を主演に起用しみずから監督に名乗り出たとのことです。 仲道美帆は16歳の誕生日に、母治子(倍賞美津子)とともにミュージカル「カーテンコール」を見ていました。感激した美帆はそれまで習っていたクラッシクバレーをやめてミュージカルの世界に進むことを決意します。
おすすめ映画

原田知世の「天国に一番近い島」ネタバレあらすじ感想

女子高生「桂木万理」無口でおとなしい性格の女の子、急死した父が時折話してくれる、ニューカレドニアのことを思いだしていました。万理は葬儀を終わらせたあと、ニューカレドニアに行きたいと母光子(松尾嘉代)に相談するようにになります。光子は驚くも娘の確かな成長をうれしく思い、渡航を認めたのでした。
おすすめ映画

大林宣彦監督映画_尾道三部作「時をかける少女」ネタバレあらすじ感想

主人公は、原田知世演じる芳山和子、中学3年生です。ある時和子は同級生の深町一夫や朝倉吾郎とともに理科室の掃除を行っていました。実験室においてあったラベンダーの香りを偶然嗅んでしまい気を失ってしまいます。そ
おすすめドラマ

伝説のヒロイン「原田知世」

原田知世は1967年11月28日、長崎県長崎市生まれです。角川映画魔界転生に出演していた、真田広之を見た原田はこの映画で真田広之の大ファンとなり、1982年に開催された、映画『伊賀忍法帖』のヒロインを決める「角川映画大型新人女優募集」に応募しました。それは、主演の真田広之に会えるかもしれないという14歳の少女らしい動機でした。
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「ねらわれた学園」ネタバレあらすじ感想

狙われた学園といってなにを思い出しますか?私はなんといってもユーミンの「守ってあげたい」です。自分自身もユーミンの大ファンでCDとかをもっていました。その中でもこの曲は大好きな曲の一つでした。あとで知ったのですが、薬師丸ひろ子自身もユーミンのファンだったということで、勝手に親近感を持ってしまいした。当時の少年少女は、未来や過去を行き来する非現実的な描写を好んでいて、自分もそのひとりでした。
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」ネタバレあらすじ感想

星泉は高校2年生、充実した高校生活を送っていたある日、唯一の肉親である父親が交通事故で亡くなってしまいます。その父親は戦前から続く目高組というヤクザの組長の跡目として指名をされていました。 その組長が病死し、いよいよ跡目として父親の存在を探していた矢先に、交通事故で亡くなってしまうという憂き目にあってしまいます。
タイトルとURLをコピーしました