スポンサーリンク

「火曜サスペンス劇場」について

スポンサーリンク
おすすめドラマ
スポンサーリンク

火曜サスペンス劇場の概要

火曜サスペンス劇場』(通称火サス)は1981年9月29日から2005年9月27日にかけて、日本テレビで毎週火曜日に放送されたドラマです。

テレビ朝日が先駆けて「土曜ワイド劇場」で2時間ドラマ枠の時間を取り、主婦層の取り込みに成功したことから、日本テレビでも、2時間枠のドラマの放映に力を入れました。テレビ朝日のこの番組開始1977年なので、おくれること4年になります。

火曜サスペンスはその名の通りサスペンスドラマの専門チャンネルとしてスタートしていました。

時間帯は火曜日21:00~22:54で約2時間の1話完結、毎週サスペンスが見れるということで、全盛期には、視聴率も25%を超えることがしばしばあったとのことです。

放送作品について

記念すべき第1回放送は、松本清張原作、島田陽子主演の『球形の荒野』でした。ヨーロッパの某中立国公使館で、一等書記官を務めていたが、終戦一年前、任地で病のため客死した父をもつ主人公の野上久美子(島田陽子)が婚約者であり新聞記者の添田(竹脇無我)ともに、父の死の真相を探り驚愕の事実にたどり着くサスペンスドラマです。

火サスは、このドラマに代表されるように、日本を代表する推理作家作品や海外ミステリーなどを原作してベテランスタッフによる重厚な作品が多いのが特徴です。

1990年代以降は、主に50歳~60歳代の女性視聴者をターゲットにして、その世代に人気の作品を作ることにより、定番化されたラインナップとなった火サスは安定の視聴率を獲得していきます。その後2時間ドラマブームが終わり別番組が台頭してきますが、それまでは、日本テレビのドラマ部門の看板番組に君臨していました。

出演者について

2010年9月27日に日本テレビ情報番組「DON!」で放映された内容の中にこの火曜サスペンス劇場の話題がありました。今日は何の日というコーナーで、「火曜サスペンス劇場が終了した日」ということで船越英一郎のインタビューなどが紹介されました。さらに、最多出演俳優として水谷豊、最多出演女優として浜木綿子、そして最多犯人役として紹介されたのが藤真利子であった事実が明かされました。

主題歌マドンナたちのララバイ

岩崎宏美が歌うマドンナたちのララバイが火サスの主題歌として登場したのが、2005年の放送からです。当初は、主題歌番組の主題歌のみで制作されたものでしたが、視聴者からの反響があまりにも大きく、ファンの後押しを受けてレコード化されることとなります。1982年5月21日に岩崎宏美が当時所属していたビクター音楽産業から正式なレコードとして発売されたところ、大ヒットして、同年の日本歌謡大賞を受賞するに至りました。

出典:you tube



コメント

タイトルとURLをコピーしました