スポンサーリンク

南野陽子の「あいつがトラブル」VOL.3「そこまでやるッ!」あらすじ

スポンサーリンク
おすすめドラマ
スポンサーリンク

南野陽子の「あいつがトラブル」VOL.3

「そこまでやるッ!」あらすじ

美咲(南野陽子)が少年課の時に初めて補導して、今は保護観察中の少女里香子が行方不明になり、美咲は必死に探しまくります。

ふとしたきっかけで里香子の友達の女を尾行していた城野(織田裕二)は、その女がナイトパブに入っていくところで取り押さええ話を聞こうとしますが、逃走を図ります。

出典:TVKドラマ

 

さらに追跡をして行くと、突然彼女を無理やり車で拉致しようとする男が現れました。スナック経営者を殺害したとして指名手配されていた唐木(寺田農)でした。二人で揉み合っているうちに、その女は逃走してしまいます。

 

そこに現れたのが沖田(萩原健一)でした。唐木と沖田は新宿署の頃からの知り合いで何やら訳ありのよう。城野は、沖田に命じられ、女の後を追いかけます。暴走族の溜まり場でまで追いかけるていき、そこで唐木と合流するのです。そこにいたやつらから里香子の居場所を突き止め、その場所に向かいました。そこには、唐木を殺人犯に仕立てた屈強の男がいて、期せずして格闘となります。二人掛かりでなんとか確保しました。唐木の殺人容疑は晴れたものも、里香子の行方はわかりません。唐木は、別件で、拘置所に拘束されていました。ここら辺から、沖田と唐木の関係が少しわかってきます。ヤクザを父親に持ったが故に、娘を殺されてしまった唐木とそれを阻止することができなかった沖田、それぞれが心に大きな負担を負って生きているのです。

出典:TVKドラマ

唐木は沖田と結んだ約束を今でも守っているという、、それを守るには、新宿は危なすぎるということで横浜に来たというのです。

その唐木宛に、「里香子を誘拐した。返して欲しければ500万円用意しろ」という脅迫電話が掛かってきます。唐木が、里香子に渡していた連絡先が沖田のいる港街署の捜索人課にしておいたようで、犯人は知らずに脅迫電話を警察にしたのです。

そんな犯人に翻弄される沖田と唐木でしたが、美咲の活躍により、誘拐事件が自作自演の狂言であったことが知らされるのです。美咲や城野、虎田が乗り込んだマンションで無事里香子を確保することができました。

唐木の心配を嘲笑うかのようにやじる里香子に我慢できない美咲は思わず張り手をしてしまいまいます。

一方で唐木ですが、調達してきた500万円が銀行強盗で手に入れた物を拝借してきたと知って、急ぎ返しに行く唐木、そして後から追いかける沖田と城野の前に強盗犯が現れ銃撃戦となってしまいます。城野を助けた唐木が腹部を撃たれ重症を負いますがなんとか助かりそうなところで今回は、おしまいででした。
ドラマ観るなら<U-NEXT>

感想

今回は楽しみにしていた南野陽子の銃撃シーンはありませんでした。

その代わりに織田裕二のアクションが満載で、ショーケンと寺田農のちょい悪親父コンビの渋いツーショットも随所に見られます。元ヤクザだけあって、意外に強い唐木を演じていた寺田農は、渋くてカッコいいです。今は、大物政治家や大きな会社の社長とか、偉い人の役が板についていますが、当時はアクションも凄かったんだと感心してしまいました。

今回の南野陽子の服装は、あったそうなセーターにヒョウ柄の襟の袖口の、お洒落なコートでした。ボーイッシュな髪型にハイネックのセーターがよく似合ってとっても可愛かったですよー

出典:TVKドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加



コメント

タイトルとURLをコピーしました