おすすめドラマ

おすすめドラマ

西遊記Ⅱ「第十三話人喰い妖怪 若返りの泉 」ネタバレ感想あらすじ

妖怪が住むといわれるある山にたどり着きました。そこは若返りの泉があるというところです。山の中にある泉は気持ちのいい温泉です。喜び急いで温泉に入る三弟子。いい気分で温泉から出ると三人とも、みるみるうちに小さくなって、終いには赤ちゃんになってしまいました。 おくれてやってきた三蔵法師は、赤ちゃんになってしまった三人をみて呆然としまいます。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第十二話「術競べ 消えた悟空」タバレ感想あらすじ

天竺までの厳しい道のりの中一行は道に迷ってしまいます。誰にあうこともなく三日三晩放浪の末、あばら家で修行をする老僧と出会いました。悟空は老僧に町に行く道を尋ねます。しかし、老僧は反応してくれません。しつこく尋ねる悟空は、無我無心の境地の修行を遮られた老僧に罵倒されます。おこった悟空はその老僧に悪態をつきます。その姿に心を痛めた三蔵法師は老僧にお詫びをし、何とか道を教えてもらうことができました。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ「第十五話黄金妖怪 婿どの買います」ネタバレ感想あらすじ

いけどもいけども、果てしなく遠い天竺への道のりです。一行が通りかかったところは、金銀が昔から金銀銅が採掘される裕福な村でした。 いつものように八戒と悟浄は、長旅への不満で愚痴を言いまくりです。そんな一行の横を男達が駆け抜けて行きます。何かと尋ねると、村人の長者様が採掘人夫と自分の一人娘の婿を募集しているとのことです。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ「第十話河童の国の悟浄の恋」ネタバレ感想あらすじ

水の中で二人のカッパの子と姫様が何やら話しています。何者かから逃げているのです。しかし姫君は、体力的に難しく逃げるのには足手まといとなってしまうと思い、カッパの子供達に先に逃げるように諭します。姫君は胸元に隠していた故郷西の国の手紙を子カッパに託して力尽きました。それに対して必ず助けに来ると誓った子供達でした。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ「第九話地獄極楽宙ぶらりん」ネタバレ感想あらすじ

西遊記Ⅱ「第九話地獄極楽宙ぶらりん」ネタバレ感想あらすじ
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ「第八話女だらけの化け猫騒動」ネタバレ感想あらすじ

天竺への長い道のりの旅は続き、辺境の国比丘(ヒビ)国に差し掛かります。そこには「猫塚」と描かれた道標があります。裏には仏の教えが書かれており、三蔵法師がその意味を弟子たちに教えるのですが、まさに馬の耳に念仏というような状態・・ そ...
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第七話「夢の妖怪 幽鬼将軍」ネタバレ感想あらすじ

冒頭赤い背景からの金切り声から始まるこのお話!その叫び声は悪夢にうなされる三蔵法師であった事をナレーションによって知らされます。悪夢の様子が画面に映し出され、そこには、夏目雅子演じる三蔵法師が、妖怪に責め回され、剣によって体を突き刺されています。妖怪は三蔵法師に天竺行きを諦めさせようとしていたのでした。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第六話「オカルト!悪霊の棲む館」ネタバレあらすじ感想

罪の償いで吊るされていた玉龍でした。玉龍は、大空で罪を悔やみ大泣きをして、その涙の雨で地を潤したのでした。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第五話「妖異 太陽が二つの国」ネタバレ感想あらすじ

混世魔王!!混世魔王!!と言って弓矢を持ち、勇ましく森の中を駆け巡る若武者、次二郎伸君その人です。鳥の化身である混世魔王が空を舞う姿を捉え、天上界から授かった弓矢で狙いをつけて放つと見事的中します。打たれた魔王を探して歩くと羽の残骸が続いていました。羽に導かれるようにある館に入っていきます。世にも美しい娘が、待っていたかのように次郎真君を招きいれるのです。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第四話「落ちこぼれの恐怖 分数妖怪」のあらすじネタバレ感想

三蔵法師一行は、一夜の宿を取ろうとある村を訪れます。そこには入り口に変な御札を貼っている家々が連なり、声をかけても誰も出てこないのです。家にはられている御札をみると、分数の計算が書かれています。しかも計算の結果がすべて間違っています。インテリ肌の悟浄はその御札をみると、「計算が全て間違っている!この村の教育はなっとらん」と怒っています。
タイトルとURLをコピーしました