おすすめドラマ

おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第五話「妖異 太陽が二つの国」ネタバレ感想あらすじ

混世魔王!!混世魔王!!と言って弓矢を持ち、勇ましく森の中を駆け巡る若武者、次二郎伸君その人です。鳥の化身である混世魔王が空を舞う姿を捉え、天上界から授かった弓矢で狙いをつけて放つと見事的中します。打たれた魔王を探して歩くと羽の残骸が続いていました。羽に導かれるようにある館に入っていきます。世にも美しい娘が、待っていたかのように次郎真君を招きいれるのです。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第四話「落ちこぼれの恐怖 分数妖怪」のあらすじネタバレ感想

三蔵法師一行は、一夜の宿を取ろうとある村を訪れます。そこには入り口に変な御札を貼っている家々が連なり、声をかけても誰も出てこないのです。家にはられている御札をみると、分数の計算が書かれています。しかも計算の結果がすべて間違っています。インテリ肌の悟浄はその御札をみると、「計算が全て間違っている!この村の教育はなっとらん」と怒っています。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第三話「賭博妖怪!ミイラ取りがミイラ」のあらすじネタバレ感想

天竺大雷音字を目指して西への旅がつづく三蔵法師の一行は、木の上から首を吊って亡くなっている死骸が何体もありどうしたことかといぶかしながら、近くの村を訪れました。村は静まりかえり人影が見当たりません。悟浄と八戒は、この村に人がいるかいないかで賭けをしようと言い出します
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第一話「再出発 天竺への道」のあらすじネタバレ感想

第2部もおなじみの芥川隆之のナレーションで始まります。 三蔵法師は、お供の姿もなく愛馬だけを連れて旅を続けているという,なんとも切ない場面から始まります。それでも久しぶりの三蔵法師の顔は美しく慈愛に満ちて苦しい感じはありません。
おすすめドラマ

堺正章・夏目雅子の西遊記Ⅱ概要

堺正章・夏目雅子の西遊記、第一部は1978年10月1日~1979年4月1日にかけて放送されましたが  かなりの好評を博したため、満を持しして第二部が1979年11月11日~1980年5月4日にかけて同じ日本テレビで放送されました。タイトルは「西遊記Ⅱ」と表示されていました。
おすすめドラマ

西遊記第二十六話「あれが天竺大雷音寺だ!」のあらすじネタバレ感想

三蔵法師一行は10万8千里の旅を経て、天竺が目の前となってきました。三人の弟子たちは天竺が近づき浮足立っていました。そんな中、急に熱くなり、炎に包まれ焼かれそうになったところで釈迦如来が現れます。「天竺までの道は限りなく厳しいのです。」と言い一行の信心を試すのです。
おすすめドラマ

西遊記第二十五話「妖怪帝国突破大作成」のあらすじネタバレ感想

堺正章・夏目雅子の西遊記、残すところあと二話となりました。 三蔵法師一行の旅も佳境にはいり、天竺大雷音寺を目の前にしています。そんな中一行は、行く手を阻む妖怪帝国を如何に突破するか思案していました。
おすすめドラマ

南野陽子のあいつがトラブルVOL.14「警察が占拠された」ネタバレあらすじ感想

夜中の港街署、沖田(萩原健一)は電話を待っていました。それは、唐木(寺田農)からのものでした。以前逮捕した谷口という男が、5年前の新宿の現金輸送車強奪で捕まり、逮捕されたのですが、昨日釈放されたというのです。当時新宿にいた唐木はその男を追いかけていたのです。
おすすめドラマ

南野陽子のあいつがトラブルVOL.13「人質救出作戦」ネタバレあらすじ感想

いきなりモノクロの映像、しかも太平洋戦争中、爆弾が投下されています。らしくない始まりですが、今回の事件がこの投下された爆弾の不発弾のことだったからです。 不発弾の通報が港街署に入りました。出張に出かけている署長に変わり署を仕切っていたのが、タコって言われている金子課長でした。この事件を刑事課でやるか、失踪人課でやるかで争っていま
おすすめドラマ

南野陽子のあいつがトラブルVOL.12「逃亡刑事はワル⁉︎」ネタバレあらすじ感想

沖田は、昔の刑事仲間であるなるみ刑事(柄本明)とディスコで踊りまくっています。そこに強面の二人の男がなるみを取り押さえに来たのです。何も知らない沖田は、押し入ってきた男たちを殴り倒してしまいました。
タイトルとURLをコピーしました