特集

昭和とすこしだけ平成のドラマ,映画を
まとめてます。
ちょっと覗きに来てください。

詳細はこちら

おすすめ映画

おすすめ映画

金田一耕助の「病院坂の首縊りの家」のネタバレあらすじ感想

映画「病院坂の首縊(くく)りの家は、1979年5月26日に公開されました。監督市川崑、主演の金田一耕助は、石坂浩二、ヒロインに当時のトップアイドル桜田淳子を迎え制作されました。 この作品は、金田一耕助が手がける最後にして、最難関の事件としても知られています。
おすすめ映画

金田一耕助の「悪霊島」ネタバレあらすじ感想

この悪霊島は、原作が発表されてからすぐに映画化をされた珍しい作品です。それは、原作が発表されたその年がジョンレノン暗殺という不幸に見舞われたということを映画の中に残しておきたいという制作側の強い意図があったということです。
おすすめ映画

映画_金田一耕助の「獄門島」ネタバレあらすじ感想

金田一耕助は、終戦から1年経った昭和21年の9月下旬日、戦友の死を知らせるために、瀬戸内海に浮かぶ獄門島へと船で向かっていました。復員船の中でマラリアにかかって生き絶えた鬼頭千万太は、死ぬ間際、「俺が帰らなければ、3人の妹が殺されてしまう」と言ってた言葉が気がかりで急ぎ獄門島へ向かうのです。
おすすめ映画

金田一耕助の「本陣殺人事件」ネタバレあらすじ感想

岡谷県の本陣の末裔であった一柳家で長男の婚礼が行われていました。時は、昭和12年11月25日雪の降る夜のことでした。式と披露宴が、新郎賢蔵の妹鈴子が琴をかでる中無事に終わりました。深夜に賢蔵と新婦の小作農出身の久保克子が寝室である離れに移って休み始めたころ、その離れから悲鳴と琴をかき鳴らす音が聞こえてきて、克子の育ての親である叔父の久保銀蔵たちが、慌てて離れの雨戸をぶち破り、離れに入ると二人が血まみれで死んでいるのが発見されました
おすすめ映画

金田一耕助の「悪魔の手毬唄」ネタバレあらすじ感想

金田一耕助は、めずらしく1ヶ月ほどのお休みを取ろうと岡山県の県警磯川警部を訪ねました。どこか良い静養場所はないかと訪ねたところ、兵庫との県堺の鬼首村にある温泉宿の「亀の湯」を紹介してくれました。
おすすめ映画

金田一耕助の「八つ墓村」ネタバレあらすじ感想

落武者たちを皆殺しにした首謀者とされる田治見庄左衛門の子孫の田治見要蔵は、田治見家の当主ですが残忍で暴力的な性格をもった男でした。妻子がいる身で郵便局員の井川鶴子に言い寄るのです。しかし彼女は、この誘いを断ったため、激怒した要蔵によって自宅の土蔵に監禁されてしまいます。要蔵によって陵辱され続けていた鶴子は辰弥という男児を出産するのです
おすすめ映画

金田一耕助「犬神家の一族」ネタバレあらすじ感想

今回は、普及の名作「犬神家の一族」です。もしかしたら、日本で一番有名なミステリー小説かもしれません。小説の世界から抜け出して、映画にドラマに、そして舞台まで、横溝正史作品の代表作とも言える「金田一耕助シリーズ」その中でも八つ墓村に次いで多く映像化された作品です。
おすすめ映画

金田一耕助「悪魔が来たりて笛を吹く」ネタバレあらすじ感想

昭和22年9月28日金田一耕助の元に一人の女性が訪れます。宝石強奪強奪強奪の天銀堂事件の容疑をかけられ、失踪してしまい、4月14日に信州・霧ヶ峰にて遺体で発見された元子爵、椿英輔の娘美禰子(みねこ)でした。 その手には父の遺書が。そこには、無実の罪を着せらた不運を嘆く内容でした。「父はこれ以上の屈辱、不名誉に耐えていくことは出来ないのだ。由緒ある椿の家名も、これが暴露されると、泥沼のなかへ落ちてしまう。ああ、悪魔が来りて笛を吹く。」
おすすめ映画

小説家_推理作家横溝正史について

横溝 正史(よこみぞ せいし)(1902年(明治35年)5月24日 - 1981年(昭和56年)12月28日)は、日本を代表する推理作家です。 本名は漢字が同じで「よこみぞ まさし」でした。当初のペンネームは本名のままでしたが、(よこみぞせいし)と誤ってよんだ作家仲間にヨコセイとよばれている間に、セイシをペンネームとしたといういつわがあります。出身は兵庫県神戸市東川崎で現在の中央区、神戸ハーバーランドとなります。
おすすめ映画

浅野温子の「スローなブギにしてくれ」ネタバレあらすじ感想

この物語の主人公は、ゴロー(古尾谷雅人)とさち乃(浅野温子)。初めての出会いは夕暮れの第三京浜です。白いムスタングから、女の子が放り出されました。女の子はさち乃、仔猫を抱えての災難でした。後ろからバイクでやってきた少年がゴローです。その後二人は一緒に暮らし始めました。
タイトルとURLをコピーしました