特集

昭和とすこしだけ平成のドラマ,映画を
まとめてます。
ちょっと覗きに来てください。

詳細はこちら

おすすめ映画

おすすめ映画

大林宣彦監督作品_映画「あの夏の日」ネタバレあらすじ感想

2020年4月10日の午後7時23分、大林信彦監督が82年の生涯に幕を下ろしました。その人生と多くの作品に感謝するとともに、ご冥福を心よりお祈りいたします。おじいさんと少年がタイムスリップして子供の頃にもどります。様々な事実が発見され、新たな喜びと感動が得られていきます。
おすすめ映画

大林宣彦監督映画_高橋かおりの「あした」ネタバレあらすじ感想

大林宣彦監督が82年の生涯に幕を下ろしました。ご冥福を心よりお祈りいたします。 女子高生の朝倉恵(宝生舞)は、授業中見ていたスライドのスクリーン上に恋人・高柳淳(柏原収史)からのメッセージを見つけました。淳は三ヶ月前に沈没した連絡船鳴子丸に乗っていたので、そこで亡くなったと思っていました。
おすすめ映画

大林宣彦監督映画「ふたり」ネタバレあらすじ感想

スポーツ勉強何でも優秀で万能な姉とその姉を慕っていた妹、幸せな時間を過ごしていた家族でした。その最愛の姉がある日の登校中に交通事故に巻き込まれ、突然この世を去ってしまうという不幸が家族を襲います。泣き悲しむ妹、その気持ちがなくなった姉に届いたのか、ある時から姉の声を妹だけが聞けるようになるのです。
おすすめ映画

映画_中山美穂の「どっちにするの」ネタバレあらすじ感想

伸子(中山美穂)はアメリカに本社のあるおもちゃ会社のOLです。後輩の純子(伊藤智恵理)や同僚の丈彦(風間トオル)と平凡な毎日を送っていました。ところが、ある時勤める会社が倒産するという噂が社内に広まります。実際社内の全体会議でも人事を一新して新しい指導者をいうことで社内コンピュータにて社長選びを実施した結果、純子が社長、伸子が副社長、そして万年係長である北林(小林克也)が専務に選ばれてしまいました。
おすすめ映画

安田成美の映画「トロピカルミステリー青春共和国」ネタバレあらすじ感想

三神英子(安田成美)はある高校の放送部員です。同じ放送部員成瀬純夫(竹本孝之)らと共に屋上で校内放送の途中で、西川という男子で生徒の飛び降り自殺を目撃してしまいます。英子の同級生である松井洋子(武田久美子)が西川と婚約したということを言い残し、失踪したすぐあとだったので、英子は不可解な思いが残っていました。この騒ぎがあった少し前から「青春共和国」という島が話題でした。それは若者たちが自由に生き青春を謳歌できる島であるいうものでした。
おすすめドラマミステリー

ミステリー小説作家「赤川次郎」について

サラリーマン生活をつづけながらシナリオを投稿するようになり、天地茂主演のテレビ朝日系テレビドラマ「非常のライセンス」のシナリオ募集に応募すると、その作品がなんと入選、さらに手直しすることなく放送されたため、脚本家「赤川次郎」の名前がテロップに流れるのです。
おすすめ映画

「真田幸村の謀略」のネタバレあらすじ感想

天下分け目の関ヶ原の戦いで、東軍徳川方が勝利を治めたときから、10年目の西暦1610年(慶長15年)唯一の敵とされている大阪城の豊臣秀頼一派を殲滅するために、名古屋城をつくり準備を進めていました。そんな中真田昌幸(片岡千恵蔵)と幸村(松方弘樹)は、紀州の山中で少ない家臣とともに、最後の戦いの決意をかためていました。
おすすめ映画

「赤穂城断絶」ネタバレあらすじ感想

元禄14年3月14日 (旧暦) (1701年4月21日)、浅野内匠頭長矩が、江戸城松之大廊下で、吉良上野介義央に斬りかかった事に端を発した事件が俗に言う赤穂事件と言われるものです。この事件をきっかけとして、内匠頭は切腹を命じられるのです。
おすすめ映画

「柳生一族の陰謀」ネタバレあらすじ感想

1603年徳川家康が江戸に幕府を開いた12年後の1615年(元和9年)徳川二代将軍秀忠が江戸城大奥にて急病します。発病後2時間あまりであまりにも早く亡くなってしまったということで陰謀を疑う者たちもいましたが、大奥専属の医師は、中毒死と診断するのです。
おすすめ映画

金田一耕助シリーズ番外編「金田一耕助の冒険」ネタバレあらすじ感想

金田一耕助は事件に飢えていました。それもトリックを駆使して、事件の謎を深める複雑怪奇で、自分を悩ませる殺人事件を待ちわびていました。金田一は、そのような事件を指して「美しい事件」というのです。
タイトルとURLをコピーしました