江戸川乱歩美女シリーズ

おすすめドラマ

江戸乱歩の美女シリーズ「黒真珠の美女」ネタバレあらすじ感想

明智小五郎はある絵画の展示会で、喪服姿で黒真珠のイヤリングをしている美女と出会いました。彼女はイヤリングを落としてしまうのですが、それを拾って届けた明智でした。ゴッホの幻の名画とされていた「星月夜」が発掘されてお披露目会が開催され、明智はこのパーティーに招待されました。
おすすめドラマ

江戸乱歩の美女シリーズ「妖しい傷あとの美女」ネタバレあらすじ感想

小山田商会の社長は顧客を招いて、彼の娘洋子が出演する水中バレーショーを見学していました。プールサイドで見守っているなか洋子が1分もの間息を止めて行う演技を迎えましたが、彼女はそれっきり浮かんでこなかったのです。 明智小五郎は、無理やり健康診断に行かされて留守でしたが、波越警部はこの事件の話をするために事務所にやってきました。健康そのものと言われた洋子ですが、心臓麻痺であっさり死んでしまったというのです。
おすすめドラマ

江戸乱歩の美女シリーズ「炎の中の美女」ネタバレあらすじ感想

明智事務所へ島村幸子と名乗る美女(早乙女愛)が相談に訪れて、鳩野佳子という人物を調べてほしいという依頼をしてきました。しかし調査の理由は、話せないというのです。浮気調査や人物調査をしていないから・・言い出そうとした文代や小林を制して依頼をひきうけてしまう明智でした。
おすすめドラマ

江戸川乱歩の美女シリーズ「禁断の実の美女」ネタバレあらすじ感想

冒頭は飛行機の機内、和装の女性と隣あわせた明智は、何気ない会話から、お互いの職業を知るようになります。女性はの名前は北見佳子(萬田久子)、有名な推理小説家です。方や明智小五郎も巧妙な探偵ですので二人は意気投合するし、和やかな会話のうちに空の度はおわり、帰京しました。
おすすめドラマ

江戸川乱歩の美女シリーズ「白い素肌の美女」ネタバレあらすじ感想

1983年4月18日に土曜ワイド劇場で放映されたドラマです。原作は江戸川乱歩の「盲獣」1931年から「博文館」の朝日に連載された小説です。 作者の乱歩でさえ吐き気を催すようなグロテスクな作品で 、一部削除して乱歩全集の載せたとのこ...
おすすめドラマ

江戸川乱歩美女シリーズ「天使と悪魔の美女」ネタバレあらすじ感想

クリスマスイブの夜、明智はある豪邸の仮装舞踏会に招待されていました。主人の名前は、青木愛之助。依頼内容は、最近様子のおかしい妻のことを調査してほしいということです
おすすめドラマ

江戸川乱歩美女シリーズ「湖底の美女」ネタバレあらすじ感想

明智小五郎とその助手である、文代と小林少年は、蜘蛛男の事件を解決し、しばしの休養のため長野県の茅野市にいました。そこから白樺湖レイクサイドホテル白樺湖にある山陽閣へ向かう途中です。
おすすめドラマ

江戸川乱歩美女シリーズ「化粧台の美女」ネタバレあらすじ感想

仕事帰りの明智は助手の小林を載せて、雨の中の深夜、車を走らせていました。道中に雨の中で困ってる美女をみつけた明智は、載せてあげることにしました。
おすすめドラマ

江戸乱歩美女シリーズ「天国と地獄の美女」ネタバレあらすじ感想

冒頭、明智がカメラの前で語りかけます。「私が手がけた事件の中でも一番スケールの大きい、そして一番恐しい事件」それが今回の『パノラマ島』で起きた事件です。
おすすめドラマ

江戸乱歩美女シリーズ「白い乳房の美女」ネタバレあらすじ感想

今回の舞台はバレースクールでした。白井バレー団に所属する野上愛子(岡田奈々)と相沢麗子(白戸真理)は、「白鳥の湖」デオット役を競っていました。甲乙つけがたい実力を持つ二人に代表の白井清一の悩みは深まるばかりです。
タイトルとURLをコピーしました