明智小五郎

おすすめドラマ

江戸乱歩の美女シリーズ「黒真珠の美女」ネタバレあらすじ感想

明智小五郎はある絵画の展示会で、喪服姿で黒真珠のイヤリングをしている美女と出会いました。彼女はイヤリングを落としてしまうのですが、それを拾って届けた明智でした。ゴッホの幻の名画とされていた「星月夜」が発掘されてお披露目会が開催され、明智はこのパーティーに招待されました。
おすすめドラマ

江戸乱歩の美女シリーズ「炎の中の美女」ネタバレあらすじ感想

明智事務所へ島村幸子と名乗る美女(早乙女愛)が相談に訪れて、鳩野佳子という人物を調べてほしいという依頼をしてきました。しかし調査の理由は、話せないというのです。浮気調査や人物調査をしていないから・・言い出そうとした文代や小林を制して依頼をひきうけてしまう明智でした。
おすすめドラマ

江戸川乱歩の美女シリーズ「禁断の実の美女」ネタバレあらすじ感想

冒頭は飛行機の機内、和装の女性と隣あわせた明智は、何気ない会話から、お互いの職業を知るようになります。女性はの名前は北見佳子(萬田久子)、有名な推理小説家です。方や明智小五郎も巧妙な探偵ですので二人は意気投合するし、和やかな会話のうちに空の度はおわり、帰京しました。
おすすめドラマ

江戸川乱歩の美女シリーズ「白い素肌の美女」ネタバレあらすじ感想

1983年4月18日に土曜ワイド劇場で放映されたドラマです。原作は江戸川乱歩の「盲獣」1931年から「博文館」の朝日に連載された小説です。 作者の乱歩でさえ吐き気を催すようなグロテスクな作品で 、一部削除して乱歩全集の載せたとのこ...
おすすめドラマ

江戸川乱歩美女シリーズ「化粧台の美女」ネタバレあらすじ感想

仕事帰りの明智は助手の小林を載せて、雨の中の深夜、車を走らせていました。道中に雨の中で困ってる美女をみつけた明智は、載せてあげることにしました。
おすすめドラマ

江戸川乱歩美女シリーズ「鏡地獄の美女」ネタバレあらすじ感想

宝石商協会から黒幕と目されていた銀座の百宝堂の社長速水荘吉に偶然を装い近づく明智。その機会はゴルフ場にてやってきました。談笑しながらフォールを回る二人でしたが、速水が、バンカーに落ちたボールをうった時、そのボールが大爆発を起こすのです。速水は爆死とされ、近くにいた明智は爆風で目を負傷してしまいます。
おすすめドラマ

江戸川乱歩美女シリーズ「五重塔の美女」ネタバレあらすじ感想

明智小五郎の助手文代(五十嵐めぐみ)は、探偵としての資質を高めるため、心霊的な事象を体験して回っています。そんな 中、降霊の儀式をしている現場に入り込んで霊との交信を見ることになりました。
おすすめドラマ

江戸川乱歩美女シリーズ「妖精の美女」ネタバレあらすじ感想

明智小五郎VS黄金仮面。定められた宿命の対決なのかもしれません。明智小五郎は、巷を賑わすこの黄金仮面に並々ならぬ興味をもっていました。黄金仮面の華麗なる盗みの手口とトリックなどあらゆる面で明智の探偵心をくすぐるのです。
おすすめドラマ

江戸川乱歩美女シリーズ「黒水仙の美女」ネタバレあらすじ感想

見知らぬ人からの招待状で、伊志田鉄造の美術展に足を運んだ明智。展示会のタイトルが「呪」という風変わりなものであったからです。明智と文代が作品を鑑賞しながら歩いていると、会場から大きな悲鳴が轟きます。彫刻の口から血が流れているの見てしまい恐怖のあまり叫んでしまった悲鳴が、恐怖の物語の幕開けです。
おすすめドラマ

江戸川乱歩美女シリーズ「白い人魚の美女」ネタバレあらすじ感想

明智小五郎(天知茂)は、仕事を終えたあと、表のビルで奇妙な影が映し出されているのを目にするのです。不審に思った明智は、助手の文代(五十嵐めぐみ)を連れて調査に出掛けます。影の映った現場を見つけ出した明智と文代でしたが、そこを通りかかった女性(夏純子)に、怪しい影がナイフを突き立てるその瞬間を目撃することになるのです。
タイトルとURLをコピーしました