西遊記

おすすめドラマ

西遊記第十話「哀しき王妃 二人の玄奬」ネタバレ・あらすじ・感想

天竺に向けて旅をする三蔵法師の一行は、久しぶりに活気のある街で休むことができました。美味しい食事に酔いしれて楽しんでいた弟子三人とは、別に三蔵法師は早々に床についていました。翌朝三蔵法師は、自分が見た昨夜の出来事を話してくれるのです。夢見枕に高貴な服装の男性が立っていました。そしてその方が語るには、「自分はこの近くのウケイ国を治めていた王でした。
おすすめドラマ

西遊記第八話「悟空危うし!鱗青魔王の逆襲」のあらすじ・ネタバレ感想

三蔵法師一行が旅を続けていると、どこからともなく女の叫ぶ声が響いてきました。声の方に向かった一行は倒れている娘を見つけます。悟空が気付けの術でおこすと、女主人の「麗燕」(池波 志乃)が山賊(中尾彬)に連れ去られたというのです。悟空が追いかけると、麗燕を抱えて道を歩く山賊を見つけます。悟空は山賊から麗燕を取り戻しました。
おすすめドラマ

西遊記第七話「日照り妖怪の子守唄」のあらすじ・ネタバレ感想

今回も西遊記です。第七回「日照り妖怪の子守歌」です。行く手を阻むは、果てしなく続く砂漠1で0日以上も水や食料にありつけず、三蔵法師一行は、みんなイライラ。とうとう沙悟浄が倒れ込んでしまい、つられて八戒も座り込んでもう歩けないと不満を吹き出してしまうのです。
おすすめドラマ

西遊記 第六話「悟空破門!三妖怪の罠」のあらすじ・ネタバレ感想

天竺を目指して旅する三蔵法師一行の行く手には、大きな山が立ちはだかっていました。悟空と八戒は食べ物を探しで、三蔵法師と沙悟浄は山の麓で待っていました。そこに、赤い服を来た若い娘が壺を抱えてやってきます。徳の高いお坊様がここを通るので食べ物を捧げなさいと仏様のお告げがあったということで、壺を指し出してきました。
おすすめドラマ

西遊記 第五話「反抗期の妖怪」のあらすじ・ネタバレ感想

今回の妖怪は「聖嬰大王」です。この妖怪は、500年前孫悟空が果火山にいたころに、義兄弟の契りを結んだ牛魔王の息子でした。 しかしこの男、とんでもない乱暴者で、気に入らない事があれば部下たちに当たり散らし、すぐになぐるけるの暴行を繰り返していました。
おすすめドラマ

西遊記第4話「妖怪夫婦金角銀角」のあらすじ・ネタバレ感想

西を目指す三蔵法師の一行は僧侶の白骨死体を発見します。近くにいた男を捕まえて話を聞くと山奥にある蓮華洞に住む妖怪「金角」「銀角」の夫婦の仕業で、彼らは旅をしてくる僧侶を捕まえて、食らうことにより、長寿を得ているというのです。行く先に不安を感じた悟空は、八戒にその蓮華洞に偵察に行くように命じます。「八戒を騙して行かせるのは良くない」と嗜める三蔵法師に若干嫉妬の思いで、誠意一杯反抗する悟空でした。
おすすめドラマ

西遊記第三話「三兄弟・天竺への誓い」のあらすじ・ネタバレ感想

道中で、烏巣禅師という、観世音菩薩の使いのものが二人の前に現れ、三蔵法師へこれから河童と豚の妖怪に出会うことになり、あなたのお供となります。というお告げをして去って行きました。その言葉どおり二人の妖怪と会うようになります。まず、大食漢で、色欲にまみれた豚の妖怪猪八戒です。出会った時の八戒は、嫁さんを泣かせ他の女に色目を使い、家族三人で食事をしても、お店の食料も全部食べつくす、とんでもない化け物でした。
おすすめドラマ

西遊記 第ニ話「長い旅の始まり」あらすじネタバレ感想

お釈迦様が人々を集め説法を説いています。お釈迦曰く、今の地上界は、人間たちの暴虐非道の行いで満ちている。ここ、天竺雷音寺にある三蔵信行というお経を持ち帰り領民に広く遍く伝えることにより、世の中に平穏が取り戻せるのだが、、そんな人間は、どこかびいるだろうか?というものでした。
おすすめドラマ

西遊記第一話「石猿誕す」のあらすじ・ネタバレ感想

2020年2月17日からテレビ神奈川(TKB)で再放送がはじまりました。ネットでも多くの反響があったそうです。1987年に放映された堺正章が孫悟空を演じたドラマです。西遊記が日本で本格的にテレビドラマとなったのが作品が初めてかと思います。当時は、NHKの大河ドラマと時間がかぶっていましたが、互角の視聴率を上げていたようです。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました