西遊記

おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第二十五話「虎竜魔王 悟空の慕情」あらすじネタバレ感想

三蔵法師法師一行の旅も天竺を目指して幾星霜、艱難辛苦を乗り越え熱い絆に結ばれ今日も歩き続けています。お昼の時間、皆んなでご飯を食べています。すると今まさに食べようとしていたおにぎりが急に動き出してしまいました。よく見るとおにぎりを包んでいる笹の葉に糸がついていて誰かが引っ張っているようでした。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第二十四話「青狼魔王 満月への遠吠え」あらすじネタバレ感想

天竺を目指して旅をすること幾星霜、来る日も来る日も歩み続ける日々です。 分かれ道、本来あるはずの道標が壊れて落ちてしまっています。一方は、村の中心部に、一方は妖怪が棲む山に頂きに通じる道なのでした。どちらにいくか、多数決で決めることに、、どうしても右にいきたい悟空は、人参で白竜を誘って多数決を得たのです。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第二十三話「妖術 石仏になった三蔵一行」ネタバレあらすじ感想

道なき道を天竺に向かって歩き続ける三蔵法師一行です。険しい山を何とかみんなで協力して乗り越えたところで、沙悟浄と八戒の足が動かなくなります。足が石のようになったと嘆く二人をみて、悟空は妖怪の気を感じました。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第二十二話「妖鬼の山 お転婆姫の恋」あらすじネタバレ感想

三蔵法師一行の行手の前に立ちはだかる大きな山、そこには美しい石の花が咲き誇ると言われています。しかしそこには、恐ろしい妖怪がいて、その話を見に行ったものは、石にされて決して帰ってくることがないと言われています。その妖怪の名は、精細鬼と言います。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第二十一話「異説 鬼子母神由来記」ネタバレあらすじ感想

果てしのない旅を続ける三蔵法師一行は、今日も黙々と歩き続けます。風に乗って、女の声が聞こえると八戒が言い出します。他の誰も気がつかない、これぞ八戒の特殊能力ともいうべきか、声の主を見つけ出し皆んなで訪ねていきました。そこには首を吊って死のうとしていた夫人がいたのです。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第二十話「燃えた屏風の七福神」あらすじネタバレ感想

今回も不詳の弟子沙悟浄のぼやきから物語が始まります。 「恋をしたい、次の村でいい女を見つけて恋をするんだ!毎日苦しい旅ばかりで息が詰まる」 と言い出したのです。天竺にありがたいお経をもらいに行くという、尊い旅をしている修行の身にあるまじき言葉なのですが、それに同調するのはやはり八戒です。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第十九話「偽西遊記 危機一髪」あらすじネタバレ感想

長旅の途中で休んでいた三蔵法師一行に、突然疾風が襲います。その向こうに見えたのは、四人の人影、あろうことかそれは三蔵法師一行の姿形がそのままの下級妖怪だったのです。妖怪の世界で羽振りを効かせたい彼らは、有名な三蔵法師とその弟子たちを倒して一気に出世しようとしているのです
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第十八話「悟空叛乱 一人ぼっちの妖怪」ネタバレあらすじ感想

毛むくじゃらの妖怪が何やら一生懸命看板を書いています。その文字は「自分は気の優しい子犬の妖怪です。人間と仲良くなりたいと思っていますので,気軽に声をかけてください。」というもの。この妖怪(せんだみつお)は妖怪になる前、優しいご主人様に飼われていました。その時に付けていた首輪が彼の宝物でした。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第十七話「泣くな八戒!瞳の中の愛」ネタバレ感想あらすじ

冒頭から現れたのは妖怪ドラキ,本家ヨーロッパのドラキュラとは親戚だそうです。普段は若い娘の生き血を吸うドラキなのですが今宵の犠牲者を三蔵法師と決めたようです。今まさに三蔵法師に襲いかかろうとしたとき、驚きと恐怖で人間に変身した白竜が騒ぎ立てます。間一髪のところで目覚めた一行はこの不審者に対し戦いに挑みます
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第十三話「人喰い妖怪 若返りの泉 」ネタバレ感想あらすじ

妖怪が住むといわれるある山にたどり着きました。そこは若返りの泉があるというところです。山の中にある泉は気持ちのいい温泉です。喜び急いで温泉に入る三弟子。いい気分で温泉から出ると三人とも、みるみるうちに小さくなって、終いには赤ちゃんになってしまいました。 おくれてやってきた三蔵法師は、赤ちゃんになってしまった三人をみて呆然としまいます。
タイトルとURLをコピーしました