西遊記

おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第三話「賭博妖怪!ミイラ取りがミイラ」のあらすじネタバレ感想

天竺大雷音字を目指して西への旅がつづく三蔵法師の一行は、木の上から首を吊って亡くなっている死骸が何体もありどうしたことかといぶかしながら、近くの村を訪れました。村は静まりかえり人影が見当たりません。悟浄と八戒は、この村に人がいるかいないかで賭けをしようと言い出します
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第ニ話「恐怖!猿のワクチン」のあらすじネタバレ感想

新たに?玉竜というメンバーが加わり、賑やかになった三蔵法師の旅第二部の物語が始まりました。 仲良く旅路を行く一行を丘の上から凝視している三人の妖怪がいました。彼らは悟空にひどい目に合わされて恨みを抱いていたのでした。双眼鏡をのぞきながら時短打を踏む三人です。しかし悟空は強いからどうしようもないと諦めるふたりですが、残りの一人が「自分には妙案がある、あの猿は、めっぽう強いが、人情に弱い」と頬に傷のある妖怪が不敵な笑みを浮かべます。
おすすめドラマ

西遊記Ⅱ第一話「再出発 天竺への道」のあらすじネタバレ感想

第2部もおなじみの芥川隆之のナレーションで始まります。 三蔵法師は、お供の姿もなく愛馬だけを連れて旅を続けているという,なんとも切ない場面から始まります。それでも久しぶりの三蔵法師の顔は美しく慈愛に満ちて苦しい感じはありません。悟空は、お釈迦の元を訪ねています。頑固で分からず屋の三蔵法師にはついていけないので弟子をおりたいと直訴しています。
おすすめドラマ

堺正章・夏目雅子の西遊記Ⅱ概要

堺正章・夏目雅子の西遊記、第一部は1978年10月1日~1979年4月1日にかけて放送されましたが  かなりの好評を博したため、満を持しして第二部が1979年11月11日~1980年5月4日にかけて同じ日本テレビで放送されました。タイトルは「西遊記Ⅱ」と表示されていました。
おすすめドラマ

西遊記第二十六話「あれが天竺大雷音寺だ!」のあらすじネタバレ感想

三蔵法師一行は10万8千里の旅を経て、天竺が目の前となってきました。三人の弟子たちは天竺が近づき浮足立っていました。そんな中、急に熱くなり、炎に包まれ焼かれそうになったところで釈迦如来が現れます。「天竺までの道は限りなく厳しいのです。」と言い一行の信心を試すのです。
おすすめドラマ

西遊記第二十五話「妖怪帝国突破大作成」のあらすじネタバレ感想

堺正章・夏目雅子の西遊記、残すところあと二話となりました。三蔵法師一行の旅も佳境にはいり、天竺大雷音寺を目の前にしています。そんな中一行は、行く手を阻む妖怪帝国を如何に突破するか思案していました。
おすすめドラマ

西遊記第二十四話「火焔山!!芭蕉扇の愛」のあらすじネタバレ感想

春まだ浅い旅路を歩む三蔵法師一行ですが、季節はずれの猛暑に悩まされています。あまりの暑さで空を飛ぶ鳥も焼け焦げて墜落するという考えられない状態の中、なんとか小さな村にたどり着きました。そこで村の長をしているという老人にこの暑さの原因を聞けたのです。
おすすめドラマ

西遊記第ニ十三話「女人国 八戒が妊娠!?」のあらすじネタバレ感想

なにかから逃げる二人の男女、そして大爆発が行く手を阻みます。そして爆発とともに現れたのがこの国を支配する妖怪「如意真仙」(ニョイシンセン)です。この国は、如意真仙の魔力により、女人だけの国となってしまいました。そこに薬の行商で訪れた若者と彼との恋に落ちた娘が、二人で手を取り合って駆け落ちしようと、走って逃げていたのです。
おすすめドラマ

西遊記第ニ十ニ話「快楽の館 悟浄白骨の恋!」のあらすじネタバレ感想

天竺までの長い旅で、悟浄、八戒は不平不満で前に進めなくなりつつありました。そんな二人を悟空は激しく責め立てます。 三蔵法師はそんな弟子たちを不憫に思い、自分が村にいって托鉢をしてくるので、待っていなさいといって意気揚々とでかけていきました。その姿を心配そうに見送る悟空でした。
おすすめドラマ

西遊記第ニ十一話「豚教国 翠蓮王女いざ出陣!」のあらすじネタバレ感想

三蔵法師の一行は、いつものように仲良く?会話しながら天竺を目指して足を進めていました。八戒は、悟空や悟浄だけではなく、三蔵までにも豚だからといってからかわれる始末。傷心の八戒の思いをよそに、一行は、宿泊する国に付きました。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました