スポンサーリンク

西遊記Ⅱ第五話「妖異 太陽が二つの国」ネタバレ感想あらすじ

スポンサーリンク
おすすめドラマ
スポンサーリンク

西遊記Ⅱ第四話「妖異 太陽が二つの国」ネタバレ感想あらすじ


混世魔王!!混世魔王!!と言って弓矢を持ち、勇ましく森の中を駆け巡る若武者、次二郎伸君その人です。鳥の化身である混世魔王が空を舞う姿を捉え、天上界から授かった弓矢で狙いをつけて放つと見事的中します。打たれた魔王を探して歩くと羽の残骸が続いていました。羽に導かれるようにある館に入っていきます。世にも美しい娘が、待っていたかのように次郎真君を招きいれるのです。

自らを天上界から遣わされた二郎真君と名乗り、妖怪を退治にきたといいます。そして妖怪に奪われた太陽の鏡を取り返しにきたというのです。恐怖に怯えるその美しい娘に、一瞬で心を奪われた次郎真君は、この娘を、勝手にどこぞの姫様と勘違い、そして混世魔王によって囚われの身と思って、必ず自分が助けると娘に誓うのです。その瞬間背後で扉がしまり、次郎真君は生け捕りにされてしまいます。

 

それから500年、その地を訪れた三蔵法師一行でした。山沿いの道を列をなして歩く村民たちその中に白い服をきて悲しそうな顔で歩く気になる娘をみつけました。

棺桶とともに列をなす集団で、悟空たちがみていると、涙を流す娘を棺桶に入れようとしていました。見るに堪えかねた悟空と八戒は集団の中に割って入って、娘をたすけようとします。しかし村人からは、以外な言葉が返ってきました。

この村には、夜がないのです。山の向こうにいる太陽を司る神様に若い娘を年に一回生贄に捧げて、一晩だけ夜をいただくというのです。

太陽をつかさどる大日如来様が生贄をもらうなんてことはありえないと考えた悟空は、生贄の娘に変身し、棺の中にはいります。生贄を捧げる場所に棺をおいて村人たちはかえりました。

あらすじを最後まで読む

棺を鷲掴みにして飛び立つハゲタカに攻撃をする悟空は、ハゲタカの目の中にいる妖怪をみて驚愕します。かつて悟空の住んでいた水簾洞を荒らして逃げた混世魔王であったのです。一瞬のスキをつかれて、地上に激突してしまいます。

傷ついた体を引き摺って歩いていると、どこからか悟空を呼ぶ声がするのです。それは、混世魔王に捕まり500年間鎖につなげられていた、二郎真君でした。悟空をまっていたという次郎真君は、鎖から放たれ、三蔵法師の元につれてこられました。

 

次郎伸君は、三蔵法師に混世魔王につかまっていたことを話しました。悟空の睡蓮堂をあらしまわったため、悟空にこっ酷く痛めつけられたハゲ鷲は手傷を負っているところ天上界の大日如来様に助けられペットとして飼われていたというのです。しかしはげ鷹はその恩を裏切り、太陽の鏡を持って天上界から逃げ出したのです。その鏡を取り返しにきた次郎伸君は、この妖怪の返り討ちにあい捕まってしまいました。そして、二つ目の太陽が昇ことになったのです。次郎真君の説明にどこか腑に落ちない悟空、その昔次郎真君と闘った事のある悟空は、そう簡単に妖怪に負ける筈がないと思ったのでした。何か隠していることがあるんじゃないかと問い詰めるのですが、武人にとって負けた戦を語ること程辛いことはないとして三蔵法師がそれ以上の詰問を許さなかったため、話ができなくなってしまいました。

三蔵法師は天上人の次郎伸君である長い間鎖に繋がれていたことに不憫に思い、弟子達に食事を調達するようにいいます。

娘のことを忘れることが出来ず、鎖をつけたままの次郎伸君は募る思いを胸に妖怪のアジトに再び潜入します。そこには500年前と変わららない美しい娘が未だ囚われの身となっていたのです。娘を連れ出そうとしていると、混世魔王が背後から現れます。500年もの間変わらず美しいままなのはどうしてかと尋ねます。それは、年に一回若くてきれいな娘を生贄として捧げさせ、そのエキスをつかって一番きれいなところを集めたのだといって、娘たちの白骨を見せつけるのです。このまま外に連れ出すと消えてなくなってしまう運命であるが、高貴な人間のエキスを彼女に使うと永遠の命を得られるといいます。三蔵法師をここにつれてこいそうしたら娘は、自由になれると、二郎真君を誘惑します。

混世魔王の言葉に躍らされて、三蔵法師を騙す決意をする次郎伸君は、食料を探しに行った悟空達が不在なのをいいことに、言葉巧みに三蔵法師を連れ出します。

馬のままの白竜は次郎伸君の怪しい動きをみていたので、助けたいのですが、自分から人間になれないもどかしさから、いななくことしかできません。

それでも諦めず次郎伸君に立ち向かう白竜は、なんとか人間に戻れたため慌てて悟空達に三蔵法師の危機を告げに行くのです。

アジトに乗り込むも三蔵法師の命と引き換えに牢屋に入れられてしまう三人が、ここでも白竜がピンチを救います。

混世魔王との戦いに打ち勝った悟空、そして生贄の娘で作られた女がこの世をさるとその娘達が次々と蘇ります。

 

混世魔王のために太陽が二つとなってしまったこの国の惨状を見事救った三蔵法師一行は、再び天竺に向かって旅立ちました。

感想

往年の名俳優藤巻潤が登場します。次郎伸君として貫禄の演技を披露しています。

ストーリーでは、白馬の化身白竜が大活躍しました。いつも弱虫で都合が悪くなると馬に変身してしまう情け無い姿を見せていたのですが、師匠の危機を感じ取って自ら人間になるように次郎伸君に仕向けたり、混世魔王のアジトでは、悟空達の武器を取り返して、牢屋の鍵を開けてくれたりと7面六百の大活躍です。

心なしか頼りない白竜が今回はめちゃくちゃ頼もしく見えました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました