スポンサーリンク

「東京ラブストーリー」ネタバレあらすじ感想

スポンサーリンク
おすすめドラマ
スポンサーリンク

東京ラブストーリーの概要

1991年1月7日から3月18日まで、フジテレビ系の「月9」枠で放送された、大ヒットドラマです。

出典:Youtube

原作者は柴門ふみで、1988年から小学館『ビッグコミックスピリッツ』で連載された作品を映像化されたドラマです。

バブル期を反映して、若い女性から強烈な支持を得て、放送時間には、街から人がいなくなったと言われるほどです。

主演は鈴木保奈美と織田裕二、そし有森也美、江口洋介と主役級の人気俳優が出演しています。

フジテレビでは、1990年代初頭の月9ドラマ、「すてきな片思い」とこの「東京ストーリー」そして「101回目のプロポーズ」を純愛三部作としています。

ストーリー

上京して東京の会社に就職したカンチこと永尾完治(織田裕二)は幼馴染の関口さとみ(有森也実)に恋心を抱いていました。しかしさとみは、カンチの同級生の三上(江口洋介)のことが好きだったという三角関係の中、日々過ぎしています。

一方で、永尾のことを気軽に「カンチ」と呼ぶ同僚の女赤名リカ(鈴木保奈美)から想いを寄せられ、戸惑うカンチです。帰国子女で、自由気ままに生き、まっすぐに恋をするリカに対して徐々に心を開いていくカンチですが、さとみへの思いが入り混じり、切ない展開で、物語は進んでいきます。

出典:Blog

出典:Blog

 

東京ラブストーリー現象

東京ラブストーリーは、地方から東京という華やかな都会に出てきた多くの若者の共感を一気に集め、瞬く間にファンを獲得しました。カンチやさとみの心の動きがそのまま、東京への憧れを映しています。リカの生き方を、カンチは、東京の女性、それもめちゃくちゃカッコいい女性の生き方として捉え、憧れにも似た思いで、彼女と接していたことが、とっても印象的です。

撮影場所となった東京も何気ない風景、それをこのドラマでとびっきりカッコいい場所として映しだしています。地方に居る若者は、東京に憧れ、東京で生きて、仕事している人々には、ステータスを与えてくれます。そして何より、東京にいれば、このドラマのようにドキドキする恋が自分を待っていると思えてくるある種魔法のような時間と空間を、このドラマが作り上げていたのだと思います。

出典:blog

小田和正「ラブストーリーは突然に

ドラマを知らない人でもこの歌は聞いたことがあるのという人も多いでしょう。小田和正珠玉のラブソングで、当時の若者の心を鷲掴みにした名曲です。今でも耳にすると切なくなってしまいます。

オフコースの楽曲「yes-no」という曲をご存知でしょうか?この曲もすれ違う男女の恋心を歌った曲です。小田和正に楽曲の提供を依頼した当時の担当者は、この「yes-no」と同じような切なくなる曲を作って欲しいとお願いして出来た曲だそうです。担当者に感謝!

自分的には、その曲以上に、このドラマにあった透明感と切なさにあふれた曲だと思っています。本当に大好きな曲の一つになりました。多くの人々の切ない心とともに今も愛され続けている名曲です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました