西田敏行

おすすめドラマ

西遊記第十六話「独角大王・結婚行進曲」のあらすじネタバレ感想

今回のゲストは、人情派俳優の長門勇でした。頭に角をつけて独角大王と称して妖怪の部下をたくさん従えているのですが、愛した人間の女に頭が上がらず、なんとか気に入られて結婚をしようとしています。部下をなくして涙したりするところは、往年の長門勇の味を生かした名演技でした。
おすすめドラマ

西遊記第十四話「地震妖怪!なまず魔王の謎」のあらすじネタバレ感想

三蔵法師一行があるほこらの前を通り過ぎると一人の女がほこらの前でお祈りをしていました。女を見て黙っていられない八戒は声をかけるのですが、振り向いたその顔は真っ白のがのっぺらぼうでした。戯けて逃げるのっぺらぼうを追いかける三人でしたが見失ってしまいます。
おすすめドラマ

西遊記第十三話「恋地獄なめくじ妖怪」のあらすじネタバレ感想

旅の途中で立ち寄った村で、一泊お世話になった家は村の長の家でした。その家の娘は数年前に妖怪に拐われ帰ってこないということで、三蔵法師に助けを求めるのです。三蔵法師は、弟子たちに助けに行くように命じるのですが、彼らは乗る気ではありません。そんな中、無類の女好きの八戒が少しづつ興味を示すのです。
おすすめドラマ

西遊記第十二話「御三家妖怪追放作戦」のあらすじネタバレ感想

裕福で幸せに暮らしていた民を虐げ強制労働させていた御三家妖怪の悪行により、多くの人が命を奪われ、生き残った人たちも地獄の苦しみを強いられていました。この国の富の象徴であった高級紙の復活のための苗を必死に守る娘を祖父を助けた猪八戒が奮闘します。
おすすめドラマ

西遊記第十一話「夜と昼の妖怪夫婦」あらすじネタバレ感想

来る日も来る日も三蔵法師の一行は天竺に向かっての旅を続けています。ある時先を歩く猪八戒が変な動きをしています。パントマイムをしているように先に進めないと云うのです。そんなことはない、と悟空もその場に行くと、やはり前に進めないので八戒と見えない壁に向かって、押したり叩いたり。それを見た三蔵法師は、悟空、何を遊んでいるのですか?と少しはにかみながら聞くのです。
おすすめドラマ

西遊記第十話「哀しき王妃 二人の玄奬」ネタバレ・あらすじ・感想

天竺に向けて旅をする三蔵法師の一行は、久しぶりに活気のある街で休むことができました。美味しい食事に酔いしれて楽しんでいた弟子三人とは、別に三蔵法師は早々に床についていました。翌朝三蔵法師は、自分が見た昨夜の出来事を話してくれるのです。夢見枕に高貴な服装の男性が立っていました。そしてその方が語るには、「自分はこの近くのウケイ国を治めていた王でした。
西遊記

西遊記第九話「危うし三蔵!!妖女地湧夫人」あらすじネタバレ感想

国境の街鎮西府の役所では、代官が支配地の見回りにいく準備をしています。代官はその娘に辛くあたり、兄が悲しい表情で、妹を気遣っています。代官が領地の見回りに出発してすぐに盗賊団があらわれ代官の屋敷を襲撃するのです。
おすすめドラマ

西遊記第七話「日照り妖怪の子守唄」のあらすじ・ネタバレ感想

今回も西遊記です。第七回「日照り妖怪の子守歌」です。行く手を阻むは、果てしなく続く砂漠1で0日以上も水や食料にありつけず、三蔵法師一行は、みんなイライラ。とうとう沙悟浄が倒れ込んでしまい、つられて八戒も座り込んでもう歩けないと不満を吹き出してしまうのです。
おすすめドラマ

西遊記 第六話「悟空破門!三妖怪の罠」のあらすじ・ネタバレ感想

天竺を目指して旅する三蔵法師一行の行く手には、大きな山が立ちはだかっていました。悟空と八戒は食べ物を探しで、三蔵法師と沙悟浄は山の麓で待っていました。そこに、赤い服を来た若い娘が壺を抱えてやってきます。徳の高いお坊様がここを通るので食べ物を捧げなさいと仏様のお告げがあったということで、壺を指し出してきました。
おすすめドラマ

西遊記 第五話「反抗期の妖怪」のあらすじ・ネタバレ感想

今回の妖怪は「聖嬰大王」です。この妖怪は、500年前孫悟空が果火山にいたころに、義兄弟の契りを結んだ牛魔王の息子でした。 しかしこの男、とんでもない乱暴者で、気に入らない事があれば部下たちに当たり散らし、すぐになぐるけるの暴行を繰り返していました。
タイトルとURLをコピーしました