特集

昭和とすこしだけ平成のドラマ,映画を
まとめてます。
ちょっと覗きに来てください。

詳細はこちら

土曜ワイド劇場

おすすめドラマ

ドラマ_「三毛猫ホームズの駆落ち」ネタバレあらすじ感想

警視庁捜査一課の片山義太郎(石立鉄男)は、新聞の広告欄に「義太郎、雪子へ父危篤、至急連絡せよ」という内容を掲載されるのを見ました。義太郎の両親はすでに他界しているので、偶然かもしれないと思っていたですが、出勤途中車にはねられそうになったり、先日のデートの途中で不審な男につけられていることなどから、危険な状況が迫っていることを直感し、雪子が危ないと思うようになりました。それで、雪子の部屋に様子を見に行くことにしたのです。
三毛猫ホームズ

ドラマ[三毛猫ホームズの運動会」ネタバレあらすじ感想

吉塚雪子(坂口良子)はスポーツジムで不倫カップルを目撃します。ふたりの話から、女の夫が、不倫相手の男の上司の様です。 女は、夫にバレたら大変なことになると言って男に夫の怖さを訴えるところを全て雪子が聞いており、辟易する思いで一緒に来ていたホームズとともにその場を立ち去ります。 帰り道約束をすっぽかした義太郎が待っていて拗ねる雪子をなだめながら一緒に帰るのです。
おすすめドラマ

ドラマ「三毛猫ホームズの怪談 赤猫は死を招く」ネタバレあらすじ感想

晴美と結婚することを夢見て石津刑事が買ったニュータウンの団地。そのそばには、開発が遅れている一角があった。そこの地権者である老婦人・石沢常代の住む家は多数の飼い猫がいることから「猫屋敷」と呼ばれる。そして常代は、ある理由から「猫屋敷」の周辺の土地を売ることに反対していた。そんな中、常代が飼い猫たちとともに「猫屋敷」で殺される。
おすすめドラマ

江戸乱歩の美女シリーズ「黒真珠の美女」ネタバレあらすじ感想

明智小五郎はある絵画の展示会で、喪服姿で黒真珠のイヤリングをしている美女と出会いました。彼女はイヤリングを落としてしまうのですが、それを拾って届けた明智でした。ゴッホの幻の名画とされていた「星月夜」が発掘されてお披露目会が開催され、明智はこのパーティーに招待されました。
おすすめドラマ

江戸川乱歩の美女シリーズ「妖しい傷あとの美女」ネタバレあらすじ感想

小山田商会の社長は顧客を招いて、彼の娘洋子が出演する水中バレーショーを見学していました。プールサイドで見守っているなか洋子が1分もの間息を止めて行う演技を迎えましたが、彼女はそれっきり浮かんでこなかったのです。 明智小五郎は、無理やり健康診断に行かされて留守でしたが、波越警部はこの事件の話をするために事務所にやってきました。健康そのものと言われた洋子ですが、心臓麻痺であっさり死んでしまったというのです。
おすすめドラマ

江戸川乱歩の美女シリーズ「炎の中の美女」ネタバレあらすじ感想

明智事務所へ島村幸子と名乗る美女(早乙女愛)が相談に訪れて、鳩野佳子という人物を調べてほしいという依頼をしてきました。しかし調査の理由は、話せないというのです。浮気調査や人物調査をしていないから・・言い出そうとした文代や小林を制して依頼をひきうけてしまう明智でした。
おすすめドラマ

江戸川乱歩の美女シリーズ「禁断の実の美女」ネタバレあらすじ感想

冒頭は飛行機の機内、和装の女性と隣あわせた明智は、何気ない会話から、お互いの職業を知るようになります。女性はの名前は北見佳子(萬田久子)、有名な推理小説家です。方や明智小五郎も巧妙な探偵ですので二人は意気投合するし、和やかな会話のうちに空の度はおわり、帰京しました。
おすすめドラマ

江戸川乱歩の美女シリーズ「白い素肌の美女」ネタバレあらすじ感想

助手の文代と小林に無理やりディスコに連れてこられた明智でしたが、どうにも馴染めずその場を飛び出してしまいました。その帰り道の公園で不自然に荷物の包みなおしをしている尼僧に目が止まる明智、よくみるとその荷物は人の前腕部を包んだものでした。明智の気づいた尼僧は、その場を立ち去りますが、明智がその後を追いかけます。
おすすめドラマ

江戸川乱歩美女シリーズ「天使と悪魔の美女」ネタバレあらすじ感想

クリスマスイブの夜、明智はある豪邸の仮装舞踏会に招待されていました。主人の名前は、青木愛之助。依頼内容は、最近様子のおかしい妻のことを調査してほしいということです
おすすめドラマ

江戸川乱歩美女シリーズ「湖底の美女」ネタバレあらすじ感想

明明智小五郎とその助手である、文代と小林少年は、蜘蛛男の事件を解決し、しばしの休養のため長野県の茅野市にいました。そこから「レイクサイドホテル白樺湖」にある山陽閣へ向かう途中です。そこは、地下に設置された巨大水槽に飼っている魚への水着の女性が餌を与える様子をロビーにあるモニターで上映するのが好評を博していました。
タイトルとURLをコピーしました