刑事ドラマ

おすすめドラマ

「あぶない刑事」のネタバレあらすじ感想

再開発を間近に控えた横浜に位置する神奈川県警港警察署、そこの捜査課には破天荒な二人の刑事がいました。黒の衣装にサングラス。クールに事件を解決する名コンビタカこと鷹山敏樹(舘ひろし)とユージこと大下勇次(柴田恭兵)です。
おすすめドラマ

「特捜最前線」ネタバレあらすじ感想

テレビ朝日系列で1977年4月6日から1987年3月26日までの11年間にわたり人気を博した刑事ドラマです。警視庁特命捜査課(通称特命課)に所属する刑事たちの物語。時代の流れや視聴者の反応に応じて取り上げるテーマをかえて息の長いの長い番組作りをして、10年以上つづけてきたドラマです。
おすすめドラマ

「古畑任三郎ファイナルシリーズ」ネタバレあらすじ感想

永きにわたり愛され続けた古畑任三郎もいよいよファンファーレです。最後は、古畑任三郎ファイナルと銘打ってお正月特番で放送されました。石坂浩二、イチロー、松嶋菜々子など多くの話題をさらったファイナルでしたよ
おすすめドラマ

「古畑任三郎 パート2 」ネタバレあらすじ感想

古畑任三郎の記念すべき第1回は1994年4月13日に放送された死者からの伝言です。犯人者は、中森明菜でした。一説によると、脚本の三谷幸喜が中森明菜の大ファンのため、第1回に起用したほか、その後のドラマの中でも逸話として登場させたということです。人気コミック作家の小石川ちなみ(中森明菜)は、編集長畑野(池田成志)を別荘の地下室にある金庫に閉じ込めてしまいます。
おすすめドラマ

「古畑任三郎パート1」ネタバレあらすじ感想

「刑事なのに血を見るのが大嫌い、見た途端にめまいを起こしてしまいます。また、拳銃の打ち方をしらないので、拳銃を持ちません。警察学校で拳銃の授業の時に欠席をしてしまったからとのこと、のちに先輩の刑事に拳銃を持たないことを指摘された時、自分は「主に頭脳労働を担当している」と見事にその揶揄を切り替えしました。頭脳明晰な古畑任三郎らしいですね
おすすめドラマ

水谷豊の「熱中時代刑事編」ネタバレあらすじ感想

今回は熱中時代刑事編です。2シリーズの教師編の好評を受けて、刑事編が始まりました。この2つは繋がりがあるわけではなく、まったくちがった物語でした。このドラマは1979年4月7日から10月6日まで毎週土曜日の21:00 ~ 21:54に、当時の日本テレビにおける「土曜グランド劇場」という時間帯枠で放送されていました。
おすすめドラマ

「G メン’75」ネタバレあらすじ感想

1975年から始まった刑事ドラマGmen75、土曜日の夜9:00からの放送は、これを見て寝ると当時小学生の筆者は決めていました。幼いながらもこのドラマが大好きで、ここから自分の刑事ドラマ好きが始まったのかもしれません。
おすすめドラマ

「はぐれ刑事純情派」ネタバレあらすじ感想

藤田まこと主演の刑事ドラマです。1988年から2005年までドラマシリーズ化されて、スペシャル含めて444作品が放送されました。波乱万丈な藤田まことの人生の中で、この作品と前作必殺シリーズで俳優としての確固とした地位を築いたのでした。
おすすめドラマ

「さすらい刑事旅情編」ネタバレあらすじ感想

J刑事ドラマのカリスマ的存在、宇津井健が主役でしたが、こちらも当時人気絶頂の三浦洋一が、実質的な主役でドラマのストーリーが進んでいきます。三浦洋一扮する香取刑事が同じチームの部下や上司とともに、数々の事件を解決していく中で、さまざまな人間関係に悩み苦しむ姿も描かれていて長きにわたり大人気をはくしていました。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました