刑事ドラマ

おすすめドラマ

南野陽子のあいつがトラブルVOL.5 「暴走デカは誘拐犯より怖い!」あらすじネタバレ感想

横浜港街署の失踪人課に不動産会社社長の中森が行方不明という連絡が入ります。虎田は社長の愛人の「三村ナツコ」に事情を聞こうとしますが、そのナツコを執拗に追いかける一人にも男に遭遇します。いきなりの発砲事件急転直下の展開は目が離せません。
おすすめドラマ

南野陽子のあいつがトラブルVOL.4 「現金強奪!!サンタを追え!」あらすじネタバレ感想

VOl.3にて、城野の危機を体を張って助けた唐木は、銀行強盗犯人にお腹を打たれてしまいます。そんな犠牲もあり、なんとか犯人を逮捕することができて、いなくなった里香子も確保できました。負傷した唐木を救急車ではなく、自分の車で病院に連れていく沖田、車内に設置された大きな電話で虎田と話す沖田は冗談を言えるほど余裕がありました。
おすすめドラマ

南野陽子の「あいつがトラブル」VOL.3「そこまでやるッ!」ネタバレあらすじ、感想

美咲(南野陽子)が少年課の時に初めて補導して、今は保護観察中の少女里香子が行方不明になり、美咲は必死に探しまくります。 ふとしたきっかけで里香子の友達の女を尾行していた城野(織田裕二)は、その女がナイトパブに入っていくところで取り押さええ話を聞こうとしますが、逃走を図ります。
おすすめドラマ

南野陽子の「あいつがトラブル」VOL.2「おまえなんか刑事やめちまえ」ネタバレあらすじ、感想

港街署に新設された失踪人課が晴れてスタートするその日に課長の沖田が来ていないという事態に、署長一同はヤキモキしていました。そんな時管内に男性の変死体が発見されたとの通報があり、署内に緊張が走ります。
おすすめドラマ

南野陽子の「あいつがトラブル」VOL.1「こんな刑事いる?」あらすじ・ネタバレ感想

南野陽子の「あいつがトラブル」ネタバレです。第一話は「こんな刑事いる?」というサブタイトルです。 命知らずな女刑事美咲令子(南野陽子)と型破りでアウトロー沖田淳一(萩原健一)がバディとなってはちゃめちゃに事件を解決していくドラマです。
おすすめドラマ

南野陽子主演_ドラマ「あいつがトラブル」概要

『あいつがトラブル』は1989年12月2日から1990年3月24日までフジテレビ系列で放送されていた刑事テレビドラマです。 俺たちひょうきん族の後番組として放映されました。登場人物は、南野陽子の他に、ショーケンこと萩原健一、織田裕二、宍戸開(宍戸錠の息子)、伊武雅刀、橋爪功、寺田農などベテラン俳優陣が多数主演しています。
おすすめドラマ

ドラマ_「幽霊シリーズ」ネタバレあらすじ感想

赤川次郎が推理小説でメジャーになった作品としてこの幽霊シリーズを始めにあげることができると思います。幽霊シリーズの第一作「幽霊列車」は。第15界オール読物推理小説新人賞を受賞します。
おすすめドラマ

「ザ・ハングマン」ネタバレあらすじ感想

ゴットと呼ばれる司令官のもと、コードネームを持った闇の処刑人が、法の目をかいくぐってのさばる巨悪を追い詰めて公開処刑していきます。ゴットが目を付けたハングマン候補者を、採用していく過程も見どころです
おすすめドラマ

「噂の刑事トミーとマツ」ネタバレあらすじ感想

警視庁富士見署捜査課の刑事トミーとマツこと岡野富夫(国広富之)と松山進(松崎しげる)はバディを組んで犯罪捜査をしています。トミーは優男で、なよっとしており、マツは対照的に色黒でやたらうるさいという相反する性格の二人でした。
おすすめドラマ

大都会シリーズのネタバレあらすじ感想

第1作目は、倉本聰が原案担当していたということで従来の刑事ドラマに見られたような犯人を追い詰めていくにより事件を解決するということよりも、刑事や、ゲストのキャラクターや過去の追想などに多くの時間を割くような人間ドラマ的になってきたという評価でした。特に後半は黒岩刑事の回想部分に多くの時間を費やしていました。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました