赤川次郎

おすすめドラマ

ドラマ_「幽霊シリーズ」ネタバレあらすじ感想

赤川次郎が推理小説でメジャーになった作品としてこの幽霊シリーズを始めにあげることができると思います。幽霊シリーズの第一作「幽霊列車」は。第15界オール読物推理小説新人賞を受賞します。
おすすめ映画

大林宣彦監督映画_高橋かおりの「あした」ネタバレあらすじ感想

大林宣彦監督が82年の生涯に幕を下ろしました。ご冥福を心よりお祈りいたします。 女子高生の朝倉恵(宝生舞)は、授業中見ていたスライドのスクリーン上に恋人・高柳淳(柏原収史)からのメッセージを見つけました。淳は三ヶ月前に沈没した連絡船鳴子丸に乗っていたので、そこで亡くなったと思っていました。
おすすめ映画

大林宣彦監督映画「ふたり」ネタバレあらすじ感想

スポーツ勉強何でも優秀で万能な姉とその姉を慕っていた妹、幸せな時間を過ごしていた家族でした。その最愛の姉がある日の登校中に交通事故に巻き込まれ、突然この世を去ってしまうという不幸が家族を襲います。泣き悲しむ妹、その気持ちがなくなった姉に届いたのか、ある時から姉の声を妹だけが聞けるようになるのです。
おすすめ映画

映画_中山美穂の「どっちにするの」ネタバレあらすじ感想

伸子(中山美穂)はアメリカに本社のあるおもちゃ会社のOLです。後輩の純子(伊藤智恵理)や同僚の丈彦(風間トオル)と平凡な毎日を送っていました。ところが、ある時勤める会社が倒産するという噂が社内に広まります。実際社内の全体会議でも人事を一新して新しい指導者をいうことで社内コンピュータにて社長選びを実施した結果、純子が社長、伸子が副社長、そして万年係長である北林(小林克也)が専務に選ばれてしまいました。
おすすめ映画

安田成美の映画「トロピカルミステリー青春共和国」ネタバレあらすじ感想

三神英子(安田成美)はある高校の放送部員です。同じ放送部員成瀬純夫(竹本孝之)らと共に屋上で校内放送の途中で、西川という男子で生徒の飛び降り自殺を目撃してしまいます。英子の同級生である松井洋子(武田久美子)が西川と婚約したということを言い残し、失踪したすぐあとだったので、英子は不可解な思いが残っていました。この騒ぎがあった少し前から「青春共和国」という島が話題でした。それは若者たちが自由に生き青春を謳歌できる島であるいうものでした。
おすすめドラマミステリー

ミステリー小説作家「赤川次郎」について

サラリーマン生活をつづけながらシナリオを投稿するようになり、天地茂主演のテレビ朝日系テレビドラマ「非常のライセンス」のシナリオ募集に応募すると、その作品がなんと入選、さらに手直しすることなく放送されたため、脚本家「赤川次郎」の名前がテロップに流れるのです。
おすすめ映画

原田知世の「愛情物語」ネタバレあらすじ感想

赤川次郎の作品を角川春樹がミージカル調にして映像化したものです。角川事務所の秘蔵っ子である原田知世を主演に起用しみずから監督に名乗り出たとのことです。 仲道美帆は16歳の誕生日に、母治子(倍賞美津子)とともにミュージカル「カーテンコール」を見ていました。感激した美帆はそれまで習っていたクラッシクバレーをやめてミュージカルの世界に進むことを決意します。
おすすめ映画

渡辺典子の「結婚案内ミステリー風」ネタバレあらすじ感想

寺沢紘子(渡辺典子)は、深田ブライダルコンサルタントという小さな結婚相談所でアルバイトをしている19歳です。社長の船山哲也(渡辺謙)と二人でほそぼそと経営している結婚相談所なのですが、ある日、大会社の関根コンツェルンの女実業家・関根恭子(長山藍子)から相談の連絡があったのです。
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」ネタバレあらすじ感想

星泉は高校2年生、充実した高校生活を送っていたある日、唯一の肉親である父親が交通事故で亡くなってしまいます。その父親は戦前から続く目高組というヤクザの組長の跡目として指名をされていました。 その組長が病死し、いよいよ跡目として父親の存在を探していた矢先に、交通事故で亡くなってしまうという憂き目にあってしまいます。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました