薬師丸ひろ子

おすすめドラマ

NHK_リバイバルドラマ「Wの悲劇」地上波放送

2019年11月23日にNHKBSプレミアムで放映された「Wの悲劇」が本日2020年2月24日NHK総合で22時より放映されます。清純派女優土屋太鳳が主人公、昭和のトップアイドル中山美穂が共演してとても話題となりました。
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「紳士同盟」ネタバレあらすじ感想

女子大生の樹里野悦子(薬師丸)ひろ子)はバイトを掛け持ちして学費を稼ぎ、とっても真面目に生活を送っていました そんな悦子は大学の友達と行く予定の海外ツアーを計画しました。自分で旅行会社を予約し、スケジュールも決めてお金も払い込み意気揚々と出発ロビーで、旅行会社の社員近藤(三宅裕司)を待っていましたが、いつまでたっても現れません
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「野蛮人のように」ネタバレあらすじ感想

この作品は、薬師丸ひろ子が角川映画から独立して主演した初の映画でもあり新しい事務所での第一歩でしたが、配給収入は14億5000万円を記録し、1986年の邦画興行第2位にランクインするという薬師丸ひろ子の人気ぶりが伺えます。物凄い葛藤とプレッシャーを乗り越えて作り上げた作品でした。
おすすめ映画

伝説のヒロイン薬師丸ひろ子

NHKの朝ドラや民放ドラマなどで、優しいお母さん役など、今もテレビで活躍している薬師丸ひろ子ですが、80年代の映画全盛時代の人気はすざましかったです。 1964年6月9日東京都港区北青山出身です。スクリーンデビューが角川映画の「野生の証明」です。有名な話ですが、作品オーディションでは、別な人に勝手に応募されましたということです。8歳という年齢設定でしたが、本人は中学1年生、身長も高いということで、選ばれないのだろう思っていたのですが、素材の素晴らしさを見抜いた審査員、角川春樹の強い推薦を受けて見事合格しました。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました