人気映画

おすすめ映画

南野陽子主演_映画「寒椿」ネタバレあらすじ感想

時代は昭和の初め、土佐の遊郭で芸妓紹介を営む富田岩伍(西田敏行)は、その商売ゆえに子供と家を飛び出し、実家に帰った妻に会い、息子を迎えにきていました。嫌がる息子を庇ったバスの車掌が貞子(南野陽子)であり、のちの牡丹です
おすすめ映画

南野陽子主演_映画「白い手」ネタバレあらすじ感想

このドラマは、千葉の素朴な自然を背景がとてもきれいに美しく映し出されています。さらにバックに流れる音楽は穏やかな雰囲気を醸し出してくれて、悲しい場面でも落ち着いて見ることができる不思議な空間が流れています。
おすすめ映画

南野陽子主演_映画「はいからさんが通る」ネタバレあらすじ感想

大正7年(1918年)第一次世界大戦が末期に迫っていた頃のお話です。大正時代は、まだ貴族制度や江戸時代の旧家などで、家系が重要とされていた時代です。 主人公の花村紅緒(はなむらべにお)ー南野陽子も旧旗本の家系で父は陸軍の少佐です。母親が早くに亡くなり父が男手一つで育ててきました。天真爛漫、お転婆、跳ねっ返りと活発を絵に描いたような性格の娘でトラブルメーカーと周囲からが言われていたのです。
おすすめ映画

映画「死者の学園祭」ネタバレあらすじ感想

「青い瞳の天使」それは、手塚学園高校の演劇部が学園祭で行おうとした舞台の台本の名前です。今回の学園祭は、学校創立80周年ということで、特別にこの台本を書き上げたのが山田由子でした。
おすすめ映画

大林宣彦監督映画_尾道三部作「転校生」ネタバレあらすじ感想

尾道の中学に通う斎藤一夫のクラスに転校生がやってきます。それは一夫の幼馴染の一美(小林聡美)です。久しぶりに出会ったふたりは、ともにかえることとなりました。途中の神社の階段でちょっとしたことからふたりして転げ落ちてしまいます。その瞬間ふたりのこころと体が分離して別々の体に入れ替わってしましました
おすすめ映画

安田成美の映画「トロピカルミステリー青春共和国」ネタバレあらすじ感想

三神英子(安田成美)はある高校の放送部員です。同じ放送部員成瀬純夫(竹本孝之)らと共に屋上で校内放送の途中で、西川という男子で生徒の飛び降り自殺を目撃してしまいます。英子の同級生である松井洋子(武田久美子)が西川と婚約したということを言い残し、失踪したすぐあとだったので、英子は不可解な思いが残っていました。この騒ぎがあった少し前から「青春共和国」という島が話題でした。それは若者たちが自由に生き青春を謳歌できる島であるいうものでした。
おすすめドラマミステリー

ミステリー小説作家「赤川次郎」について

サラリーマン生活をつづけながらシナリオを投稿するようになり、天地茂主演のテレビ朝日系テレビドラマ「非常のライセンス」のシナリオ募集に応募すると、その作品がなんと入選、さらに手直しすることなく放送されたため、脚本家「赤川次郎」の名前がテロップに流れるのです。
タイトルとURLをコピーしました