時代劇

おすすめ映画

映画「幕末純情伝」ネタバレ、感想あらすじ

「幕末純情伝」は1988年、角川書店発行の「野性時代」7月号に「幕末純情伝ー竜馬を斬った女ー」の題名で発売されたつかこうへいの長編小説です。舞台は幕末の混乱期の中、新選組の「沖田総司」が女性として描かれ、さらに男装した沖田総司を巡って土...
おすすめ映画

「真田幸村の謀略」のネタバレあらすじ感想

天下分け目の関ヶ原の戦いで、東軍徳川方が勝利を治めたときから、10年目の西暦1610年(慶長15年)唯一の敵とされている大阪城の豊臣秀頼一派を殲滅するために、名古屋城をつくり準備を進めていました。そんな中真田昌幸(片岡千恵蔵)と幸村(松方弘樹)は、紀州の山中で少ない家臣とともに、最後の戦いの決意をかためていました。
おすすめ映画

「赤穂城断絶」ネタバレあらすじ感想

元禄14年3月14日 (旧暦) (1701年4月21日)、浅野内匠頭長矩が、江戸城松之大廊下で、吉良上野介義央に斬りかかった事に端を発した事件が俗に言う赤穂事件と言われるものです。この事件をきっかけとして、内匠頭は切腹を命じられるのです。
おすすめ映画

「柳生一族の陰謀」ネタバレあらすじ感想

1603年徳川家康が江戸に幕府をひらいてから、12年後の1615年(元和9年)徳川二代将軍秀忠が江戸城大奥にて急病します。発病後2時間あまりの死亡ということで陰謀を疑う者たちもいましたが、大奥専属の医師は、中毒死と診断するのです。
おすすめ映画

薬師丸ひろ子の「里見八犬伝」ネタバレあらすじ感想

薬師丸ひろ子の「里見八犬伝」ネタバレあらすじ感想
おすすめ映画

渡辺典子の「伊賀忍法帖」ネタバレあらすじ感想

戦国時代畿内に居を構える戦国大名三好義興の家臣松永弾正は邪な思いで主君につかえていました。それは、主君の美しい奥方右京太夫を我が物にしようとしていう企みです
おすすめ映画

千葉真一&沢田研二の「魔界転生」ネタバレあらすじ感想

千葉真一が演じる柳生十兵衛と魔界衆との闘いのシーンがしびれる場面です。千葉真一は十兵衛を演じること4回、過去の同じ役柄の集大成と位置付け、並々ならぬ決意でこの作品に臨んでいったとのことです。
タイトルとURLをコピーしました