尾道三部作

おすすめ映画

大林宣彦監督映画_尾道三部作の「さびしんぼう」ネタバレあらすじ感想

『さびしんぼう』は、1985年公開の映画です。ノスタルジックな尾道の原風景をバックに撮影された大林監督渾身の作品で、転校生、時ををかける少女そしてさびしんぼうの三作品を大林ファンたちがいつの日か尾道三部作と言われるようになりました。
おすすめ映画

大林宣彦監督映画_尾道三部作「転校生」ネタバレあらすじ感想

尾道の中学に通う斎藤一夫のクラスに転校生がやってきます。それは一夫の幼馴染の一美(小林聡美)です。久しぶりに出会ったふたりは、ともにかえることとなりました。途中の神社の階段でちょっとしたことからふたりして転げ落ちてしまいます。その瞬間ふたりのこころと体が分離して別々の体に入れ替わってしましました
おすすめ映画

大林宣彦監督映画_高橋かおりの「あした」ネタバレあらすじ感想

大林宣彦監督が82年の生涯に幕を下ろしました。ご冥福を心よりお祈りいたします。 女子高生の朝倉恵(宝生舞)は、授業中見ていたスライドのスクリーン上に恋人・高柳淳(柏原収史)からのメッセージを見つけました。淳は三ヶ月前に沈没した連絡船鳴子丸に乗っていたので、そこで亡くなったと思っていました。
おすすめ映画

大林宣彦監督映画「ふたり」ネタバレあらすじ感想

スポーツ勉強何でも優秀で万能な姉とその姉を慕っていた妹、幸せな時間を過ごしていた家族でした。その最愛の姉がある日の登校中に交通事故に巻き込まれ、突然この世を去ってしまうという不幸が家族を襲います。泣き悲しむ妹、その気持ちがなくなった姉に届いたのか、ある時から姉の声を妹だけが聞けるようになるのです。
おすすめ映画

大林宣彦監督映画_尾道三部作「時をかける少女」ネタバレあらすじ感想

主人公は、原田知世演じる芳山和子、中学3年生です。ある時和子は同級生の深町一夫や朝倉吾郎とともに理科室の掃除を行っていました。実験室においてあったラベンダーの香りを偶然嗅んでしまい気を失ってしまいます。そ
タイトルとURLをコピーしました