岸部シロー

おすすめドラマ

西遊記第十話「哀しき王妃 二人の玄奬」ネタバレ・あらすじ・感想

天竺に向けて旅をする三蔵法師の一行は、久しぶりに活気のある街で休むことができました。美味しい食事に酔いしれて楽しんでいた弟子三人とは、別に三蔵法師は早々に床についていました。翌朝三蔵法師は、自分が見た昨夜の出来事を話してくれるのです。夢見枕に高貴な服装の男性が立っていました。そしてその方が語るには、「自分はこの近くのウケイ国を治めていた王でした。
おすすめドラマ

西遊記 第五話「反抗期の妖怪」のあらすじ・ネタバレ感想

今回の妖怪は「聖嬰大王」です。この妖怪は、500年前孫悟空が果火山にいたころに、義兄弟の契りを結んだ牛魔王の息子でした。 しかしこの男、とんでもない乱暴者で、気に入らない事があれば部下たちに当たり散らし、すぐになぐるけるの暴行を繰り返していました。
おすすめドラマ

西遊記第4話「妖怪夫婦金角銀角」のあらすじ・ネタバレ感想

西を目指す三蔵法師の一行は僧侶の白骨死体を発見します。近くにいた男を捕まえて話を聞くと山奥にある蓮華洞に住む妖怪「金角」「銀角」の夫婦の仕業で、彼らは旅をしてくる僧侶を捕まえて、食らうことにより、長寿を得ているというのです。行く先に不安を感じた悟空は、八戒にその蓮華洞に偵察に行くように命じます。「八戒を騙して行かせるのは良くない」と嗜める三蔵法師に若干嫉妬の思いで、誠意一杯反抗する悟空でした。
おすすめドラマ

西遊記第三話「三兄弟・天竺への誓い」のあらすじ・ネタバレ感想

道中で、烏巣禅師という、観世音菩薩の使いのものが二人の前に現れ、三蔵法師へこれから河童と豚の妖怪に出会うことになり、あなたのお供となります。というお告げをして去って行きました。その言葉どおり二人の妖怪と会うようになります。まず、大食漢で、色欲にまみれた豚の妖怪猪八戒です。出会った時の八戒は、嫁さんを泣かせ他の女に色目を使い、家族三人で食事をしても、お店の食料も全部食べつくす、とんでもない化け物でした。
おすすめドラマ

西遊記第一話「石猿誕す」のあらすじ・ネタバレ感想

2020年2月17日からテレビ神奈川(TKB)で再放送がはじまりました。ネットでも多くの反響があったそうです。1987年に放映された堺正章が孫悟空を演じたドラマです。西遊記が日本で本格的にテレビドラマとなったのが作品が初めてかと思います。当時は、NHKの大河ドラマと時間がかぶっていましたが、互角の視聴率を上げていたようです。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました