特集

昭和とすこしだけ平成のドラマ,映画を
まとめてます。
ちょっと覗きに来てください。

詳細はこちら

はいからさんが通る

おすすめ映画

南野陽子主演_映画「はいからさんが通る」ネタバレあらすじ感想

大正7年(1918年)第一次世界大戦が末期に迫っていた頃のお話です。大正時代は、まだ貴族制度や江戸時代の旧家などで、家系が重要とされていた時代です。 主人公の花村紅緒(はなむらべにお)ー南野陽子も旧旗本の家系で父は陸軍の少佐です。母親が早くに亡くなり父が男手一つで育ててきました。天真爛漫、お転婆、跳ねっ返りと活発を絵に描いたような性格の娘でトラブルメーカーと周囲からが言われていたのです。
タイトルとURLをコピーしました