特集

昭和とすこしだけ平成のドラマ,映画を
まとめてます。
ちょっと覗きに来てください。

詳細はこちら

赤川次郎

おすすめ映画

映画「死者の学園祭」ネタバレあらすじ感想

「青い瞳の天使」それは、手塚学園高校の演劇部が学園祭で行おうとした舞台の台本の名前です。今回の学園祭は、学校創立80周年ということで、特別にこの台本を書き上げたのが山田由子でした。
おすすめドラマ

ドラマ「三姉妹探偵団」ネタバレあらすじ感想

三姉妹探偵団失踪編 これが、初回のタイトルです。父の出張中に一家の住まいから出火し、焼け跡から女の焼死体が発見され、父は出張先か忽然と消えてしまい、失踪扱いとなるという、とんでもない事件に巻き込まれるという、プロローグから衝撃的な内容です。
おすすめドラマ

ドラマ_「三毛猫ホームズの駆落ち」ネタバレあらすじ感想

警視庁捜査一課の片山義太郎(石立鉄男)は、新聞の広告欄に「義太郎、雪子へ父危篤、至急連絡せよ」という内容を掲載されるのを見ました。義太郎の両親はすでに他界しているので、偶然かもしれないと思っていたですが、出勤途中車にはねられそうになったり、先日のデートの途中で不審な男につけられていることなどから、危険な状況が迫っていることを直感し、雪子が危ないと思うようになりました。それで、雪子の部屋に様子を見に行くことにしたのです。
三毛猫ホームズ

ドラマ[三毛猫ホームズの運動会」ネタバレあらすじ感想

吉塚雪子(坂口良子)はスポーツジムで不倫カップルを目撃します。ふたりの話から、女の夫が、不倫相手の男の上司の様です。 女は、夫にバレたら大変なことになると言って男に夫の怖さを訴えるところを全て雪子が聞いており、辟易する思いで一緒に来ていたホームズとともにその場を立ち去ります。 帰り道約束をすっぽかした義太郎が待っていて拗ねる雪子をなだめながら一緒に帰るのです。
おすすめドラマ

ドラマ_「三毛猫ホームズの狂死曲」ネタバレあらすじ感想

朝からジョギングをしていた片山義太郎は、暴漢に遭って腕に怪我をしている女性と、かのじょを介抱するもう一人の女性に遭遇しました。ふたりは同じトレーニングウェアを着ていました。 話を聞くとふたりは、知り合いではないということでした。介抱していた女性は、桜井マリといい、バイオリニストでした。彼女は若きバイオリニストの登竜門である「スタンウィッツ・バイオリンコンクール」に出場することになっていました
おすすめドラマ

ドラマ「三毛猫ホームズの怪談 赤猫は死を招く」ネタバレあらすじ感想

晴美と結婚することを夢見て石津刑事が買ったニュータウンの団地。そのそばには、開発が遅れている一角があった。そこの地権者である老婦人・石沢常代の住む家は多数の飼い猫がいることから「猫屋敷」と呼ばれる。そして常代は、ある理由から「猫屋敷」の周辺の土地を売ることに反対していた。そんな中、常代が飼い猫たちとともに「猫屋敷」で殺される。
おすすめドラマ

ドラマ「三毛猫ホームズの追跡 女性専科連続殺人の謎」ネタバレあらすじ感想

片山の恋人吉塚雪子は短大を卒業した後、都内の、新都心教育センターという女性相手の教養センターで働き始めました。そこで、あろうことか、講師を務めていた映画評論家・山室成弘がコーポの2階から投身自殺をしてしまいます。
おすすめドラマ

三毛猫ホームズの「推理ー女子大密室殺人」ネタバレあらすじ感想

アパートの一室に、女子大生と連れてこられた中年男、羽衣女子大学の3年生栗原由美子は、海外旅行費用に売春をしてお金を稼いでいました 。今日で旅の資金が貯まるということで早く終わられようと、若干男にせっついている由美子でした。
おすすめドラマ

ドラマ_赤川次郎「三毛猫ホームズ」について

三毛猫ホームズシリーズは、子供の頃から多くの楽しみを与えてくれました。猫が大好きでミステリー小説を読むことを趣味としていた自分にとって悪魔的なタイトルだったのかもしれません。猫が推理するってなんだろうと思いながら本を手にとった記憶がありました。それから、病みつきになり何冊も読み進んだ当時を思い出します。
土曜ワイド劇場

ドラマ_「幽霊半島」ネタバレあらすじ感想

警視庁捜査一課の鬼警部と呼ばれる宇野喬一は、ある時部長にこう言われます。「最近ミドルシンドロームという病気が流行っている、お前の最近の行動は、病気に違いない。有給休暇使って療養でも行け、場所も決めてやった、大分県国東半島だ、航空チケット代はおまえの給料から天引きで買っておいた。」驚くべきパワハラをニコニコしながら話す上司に宇野はこの命令を受け、有給休暇を取り大分に向かうのです。
タイトルとURLをコピーしました