人気脚本家ドラマ

おすすめドラマ

101回目のプロポーズのネタバレあらすじ感想

オーケストラでチェロの奏者をしている矢吹薫(浅野温子)は、30歳独身。結婚式の当日婚約者を交通事故で亡くしてしまうという悲しい過去を引きずり生きています。同じ楽団のバイオリン奏者で2歳年下の尚人(竹内力)はそんな薫の恋心を抱いています。
おすすめドラマ

中山美穂の「すてきな片思い」ネタバレあらすじ感想

OLの与田 圭子は、大黒海苔 代々木営業所に勤めるちょっと地味で平凡なOLです。クリスマス・イブの12月24日生まれですが、恋愛には少し奥手で、ノンビリ屋で寂しがり屋な性格です。朝、電車に乗り遅れそうなところを、向かいに住む野茂俊平(柳葉敏郎)に助けてもらいますが、その直後、車内で転んでしまいバックの中身を投げ出してしまうドジな失敗の一部始終を目撃されてしまい、恥ずかしさで、あまり会いたくない存在となってしまいます。
おすすめドラマ

「王様のレストラン」ネタバレあらすじ感想

千石 武(松本幸四郎)伝説のギャルソン。禄郎に懇願されて戻るまでは、給食センターで働いていました。自分がいたときのようないい感じの「ベル・エキップ」を取り戻すべく、お店の改革を実行していきます。道半ばでは、シェフ稲毛(梶原善)の処遇をめぐり禄郎と意見が対立してしまいます
おすすめドラマ

田村正和主演「総理と呼ばないで」ネタバレあらすじ感想

2019年9月13日は三谷幸喜脚本の「記憶にございません」が公開され大ヒットしました。この映画は、嫌われものの総理大臣であった黒田啓介がある日目が冷めたら記憶を失ってしまったところから始まるのですが、同じ政治を扱ったコメディー映画で20年以上前に、同じ三谷幸喜にて描かれていたのが、今回の作品です。
おすすめドラマ

「古畑任三郎パート1」ネタバレあらすじ感想

「刑事なのに血を見るのが大嫌い、見た途端にめまいを起こしてしまいます。また、拳銃の打ち方をしらないので、拳銃を持ちません。警察学校で拳銃の授業の時に欠席をしてしまったからとのこと、のちに先輩の刑事に拳銃を持たないことを指摘された時、自分は「主に頭脳労働を担当している」と見事にその揶揄を切り替えしました。頭脳明晰な古畑任三郎らしいですね
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました